芸能

石原さとみ映画 製作詐欺の全貌(1)ロケハンも終わっていたが…

 

主演するはずだった映画が突然、頓挫――。超人気女優を困惑させる撮影トラブルが発覚した。脚本が完成し、ロケ地も決まったやさきに勃発したのは「製作資金詐欺」騒動。「幻の作品」と化すまでの生々しい舞台裏を、白日の下にさらす。

「彼女は映画『北の零年』(05年)で吉永小百合(67)と共演した際、『小百合さんみたいになりたい』と話し、演技に目覚めたようでした。演技力にはもともと定評があり、舞台出演もするなど、本格女優として活動してきましたが、代表作と呼べるものがない。だから所属事務所のホリプロも今以上に売り出そうと、力を入れているんです」
 ベテランの映画ライターがこう説明する「彼女」とは、石原さとみ(25)のことである。
「いわゆるホリプロ3人娘では、稼ぎ頭の綾瀬はるか(27)、深田恭子(29)に次いで、石原は三番手という感じ。ツートップがアラサーを迎える中、次代のエースとして、石原をもっと世間に認知させたいのです」
 そんなやさき、石原に穏やかならざる騒動が勃発。映画業界関係者が声を潜めて、驚きの事実を明かす。
「彼女が主演するはずだった映画が突然、消滅していたんです。事務所サイドが
『石原の出世作にしたい』
と意気込んでいたのですが…。順調に行けば、今年公開予定でした」
 その作品は「図書館の神様」。撮影の舞台は、風光明媚な瀬戸内海を望む、広島県のとある県立高校、のはずだった。
「はい、確かに石原さとみさん主演の映画で、かなり具体的な話が進んでいました。生徒からもエキストラが出る予定でしたし。(撮影の)話があったのは一昨年ですね。昨年の時点ではもうポシャッていましたね。その後、特に何の連絡もありません」(高校の教頭)
 ホリプロの担当者も、
「出演のオファーを受けていたのは事実です。なぜ中止になったのか、事情はわかりませんが」
 取材を進めると、プロデューサーのS氏(55)とキャスティング担当者・I氏(49)との間で金銭トラブルが発生したことが判明。S氏は芸能プロ社長の経験もある人物で、長渕剛(55)の長女・長渕文音(24)が出演する映画などを手がけている。一方のI氏は、キャスティングやタレントプロデュースの会社を経営。事情を聞こうとI氏を直撃すると、驚いた表情を見せながら、重い口を開いた。
「Sさんとの間に映画製作の話が持ち上がったのは2年前。それが『図書館の神様』でした。すでに石原さんが主演としてキャスティングされていて、ロケハンも終わり、脚本も仕上がっているということでした。Sさんは『向こう(石原)も乗り気だ』と話し、私に『あとのキャスティングを任せたい』と言いました」

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」