エンタメ

ギャンブルライター・浜田正則の「パチンコ必勝手記」“「11月の改変」でどう変わったの!? 大型店の還元ムーブは今後も続く”

20151224ee

◆よもやま話「改変から1カ月半」◆

 パチンコのMAX機、ならびにハイミドル機、そしてパチスロの爆裂機が11月1日以降は新規導入不可となり、「遊びやすく」された新基準機への切り替えが始まりました。また、ちょうどこのタイミングで、東京都、ならびに数県が等価交換を廃止したことは、ご当地に住む方には記憶に新しいと思います。

 ただでさえ、その前に消費増税で貸し玉を少なく設定するホールが出るなどのマイナスイメージが充満したのに、生傷を幾度も開き直すような改変を受け、いよいよ致命的なファン離れが心配されました。

 今回は、そんな逆風吹き荒れる通達や改変から1月半が過ぎた現場(パチンコ店)の模様を記します。

 結論から言うと、この改変は、前述したような負の連鎖を怖れたお店がバラマキ&還元し、それが思いのほか期間も長かった印象。といってもまあ、私が見歩いたところでも、還元する気など毛頭なかった店も多く、店選びの成否で印象がまったく違ったようです。

 では、実際に「いいお店」はどんなところだったのかを以下に記します。

◆実戦指南「還元続行のホール狙い」◆

 私の感覚では、特に還元が感じられたのは、大型の全国チェーン。これらチェーンは、昨今のパチンコ人口減において、一度は集客面で最も被害を被ったのですが、今回の「非等価」施行で状況は一変。

 普通、価値を移行すれば、従来の価値を保証せねばならず、例えば「250玉(等価で1000円)」の貯玉があったとして、10%のデノミなら、施行後は従来の貯玉に10%分の補填(約278個に変更)をしなければ、お客は損をします。

 これを今回の非等価ではどの店も一方的に「補填なし」で済ませました。おかげで全会員の貯玉から年貢が徴収できたので、会員を多く持つ大型のチェーンほど得をしました。あと、システム変更のコストを安く抑える面でも大幅に助かったはずです。

 我々客側にしてみれば腹立たしいですけれど、結局マイナスイメージを恐れて客にも還元が行き渡っているので、まあよし。

 これらの還元ムーブは、まだまだ客離れの懸念が拭えない雰囲気のパチンコにおいて、12月以降も継続が期待できますので、会員が多いとおぼしきホールが狙い目です。もちろん還元する気のあるホール選びが大切ですので、十分に吟味してください。

◆プロフィール 浜田正則(はまだ・まさのり) パチンコ生活歴30年。業界寄りの記述をする「パチンコライター」とは一線を画し、ファン目線で真実のみを文章につづる「ギャンブルライター」として19年目を迎える。漫画の原作者としても活躍しており、作品は多数。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
5
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか