エンタメ

羽田圭介「文学界VSテレビ界」でヒートアップする大争奪戦

20151223hada

 第153回芥川賞を小説「スクラップ・アンド・ビルド」で受賞した作家の羽田圭介。受賞後はテレビ番組に引っ張りだことなり、バラエティ番組では同時受賞したピース・又吉直樹を凌ぐほどの大人気に。歯に衣着せぬコメントが大ウケし、いまや出演オファーをさばききれない人気者となった。そんな羽田について、「タレント活動に本腰を入れすぎて、今後、作家としての活動を大幅に減らしてしまうのでは?」と危惧するのは、大手文芸誌の編集者だ。

 これまでたびたび羽田に原稿を依頼したことがあるという同氏は「17歳で作家デビューした時から際立っていた」と、作家としての羽田を大絶賛。そして「だからこそ」と前置きしたうえで「来年はテレビを控えて文筆業に専念して欲しい」と注文をつけるのだ。

 一方で「ぜひテレビの仕事を中心にしてほしい」と、在京キー局の若手ディレクターは熱く語る。

「テレビ界にとって羽田は今年最大の掘り出し物。ビートたけしや松本人志といった芸能界の超大物も『羽田さんのトークは素晴らしい』とベタ褒めしています。来年はもっとテレビに出てほしいですね」

 羽田の周囲で巻き起こる「大争奪戦」。はたしてどちらの道を選ぶのか──。

(白川健一)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるか、「Fバスト」が隠しきれない!四十路前でも“張り”最高潮の最新映像
2
高橋真麻が「奇跡の1枚」公開!ほっそりボディに“Gバスト”はまるで別人だッ
3
“Fバスト”がこぼれ出てる!?谷まりあ、「片パイ強調」事態に視聴者クギ付け
4
雛形あきこ、温泉ロケで見せた「Eバスト渓谷クッキリ場面」に視聴者クギ付け!
5
井上清華アナの次のエース!?フジ・藤本万梨乃のハイスぺ素顔と2人の“意外接点”