芸能

有働由美子、大河「真田丸」ナレーション起用は「独立阻止」の“餌”?

20151218udou

 NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の放送が終わり、年間視聴率12.0%は2012年に放送された『平清盛』と並ぶ、大河ドラマ史上最低視聴率となった。看板番組だけにこの結果を、NHKサイドは深刻に受け止めているようだ。

「今回の失敗を受けて、次回作『真田丸』は絶対ヒットさせなければならない。主人公は戦国時代でも人気の高い武将・真田幸村。主役を堺雅人、そして脚本家に三谷幸喜を起用してコケたら、大河ドラマの面目丸つぶれですから」(テレビ誌ライター)

 確かに今まで以上に豪華キャスト・スタッフを揃え、カリスマ的な人気を誇る真田幸村を描いて失敗したら、大河ドラマの存在自体があやうくなりかねない。

 そこで、NHKが繰り出すサプライズの第一弾が、有働由美子のナレーション起用だ。

「ここ数年、ベテラン局アナをナレーションに起用するケースがありますが、今回は、紅白の総合司会を務める看板アナウンサーを引っ張り出した。このことからもNHKの焦りがうかがえますね」(前出・テレビ誌ライター)

 しかし、有働アナの起用は、どうやらそれだけが理由ではなさそうだ。

「有働アナは、5歳年下の会社役員と年明けに電撃入籍して、それと同時に独立するという噂が流れています。NHKは大河ドラマのナレーションという美味しい仕事と引き換えに、独立を阻止したいのでは。そのせいなのか、発表翌日の『あさイチ』ではV6の井ノ原快彦がその話にふれると、しゃべりにくそうな感じで話題を変えていましたから」(女性誌記者)

 噂の会社役員はバツイチで子供がいることから、なかなか結婚に踏み切れないでいると言われる。

 このタイミングを逃すと、婚期がまた遠のくのではないかという心配の声もあるが、有働アナの決断はいかに──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「全裸監督」に続く!?松本まりか主演“前貼りなし”過激作品に期待の声
2
三吉彩花、ちょっと動いたらバストがこぼれそう!心配の声も出たジッパー衣装
3
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
4
広瀬すず、「“バスト突出”タンクトップ姿」で飛び交ったファンの期待!
5
テレ朝・森川夕貴、「夕方の顔」でバストより注目の“テーブル下”下半身ゾーン