芸能

全日本「魅惑のバスト」ベスト50(1位~10位)“雑誌に載せれば売上UP”の新女王が戴冠!

20160105bust

 2015年での活躍をもとに2016年の飛躍が期待されるバストの持ち主は誰なのか? グラドルだけじゃなく、旬の女優も女子アナもアスリートも文化人もすべて縦断し、ひたすら「魅惑のバスト」という観点で「ベスト100」をランキング付けするというユニークな企画が、現在発売中の「アサ芸シークレットVol.37」で掲載されている。その中から抜粋してカウントダウンでお伝えしていこう。

○10位 柳瀬早紀(グラビア/152センチ B100・W65・H89)

 これぞまさしくディープインパクト! デビュー1年目に「やなパイ」の愛称も定着。最近では「乳神様」とも呼ばれているとか。片方2キロずつIカップは異次元サイズ。

○9位 山地まり(グラビア/158センチ B87・W60・H88)

 ファースト写真集のタイトルとおり、ありそうでなかった“男性未経験アピール”という戦略は、グラビア界の起爆剤となった。

○8位 鷲見玲奈(テレビ東京アナ/161センチ 推定88センチFカップ)

 豊満アナの宝庫・テレビ東京に、またまた強力なニューフェイスが誕生。競馬番組で見せる「童顔でメガネでヨコチチ強調」は最高の映像。

○7位 浅田舞(フィギュア/163センチ 推定87センチEカップ)

 復活をとげた浅田真央は、再び五輪への道を歩き出した。姉の浅田舞は豊満アスリートのジャンルならすでに金メダルは確定だ。

○6位 紗綾(グラビア/150センチ B85・W61・H88)

 グラビアシーンにおける“定点観測”とは紗綾のこと。伝説の「Fカップ小学生」から見守り続けて10年以上、俺たちの期待を裏切りません。

○5位 都丸紗也華(グラビア/157センチ B85・W60・H84)

 まさしく「グラビア界の超新星」となった。このビジュアルに色白のFカップが備われば、メディアが騒然となるのは必然。青春のきらめきにキュンキュンする男子多数。

○4位 脊山麻理子(キャスター/164センチ B84・W57・H84)

 日テレを退社して水着グラビアに挑んだ昨年は、まだほっそりとした印象。それから1年で驚くほど肉感的なボディに再成長。オンナとは、三十路を過ぎてこそ真価を発揮する。

○3位 天木じゅん(グラビア/148センチ B95・W57・H83)

 昔の言葉で言うならトランジスタグラマー、少し前ならミニモニグラマー。とにかく、こんなにあどけなくても破格のIカップは目のやり場に困る。第2ステージも順風満帆!

○2位 橋本マナミ(グラビア/168センチ B86・W60・H88)

 もはや「国民の愛人」と呼べるキャラを確立。ドラマにもフィールドを広げながら、妖艶な露出に一切の手ぬかりはない。撮られれば撮られるほどボディに磨きがかかる状態だ。

○1位 久松郁実(グラビア/165センチ B83・W59・H86)

 シンデレラがここに誕生! 雑誌メディアに久しくいなかった「彼女を載せれば売上げUP」が実現した。ファッション誌のモデルでありながら、男たちにも支持されるのは奇跡。

 さて、2016年にはどんな“乳スター”が現われるのか?

※このランキングは有名人を対象に、【1】バストサイズ【2】カップサイズ【3】人気・知名度【4】メディア露出度【5】衝撃度を総合してアサ芸シークレット編集部が独断で決定しています。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題