芸能

全日本「魅惑のバスト」ベスト50(1位~10位)“雑誌に載せれば売上UP”の新女王が戴冠!

20160105bust

 2015年での活躍をもとに2016年の飛躍が期待されるバストの持ち主は誰なのか? グラドルだけじゃなく、旬の女優も女子アナもアスリートも文化人もすべて縦断し、ひたすら「魅惑のバスト」という観点で「ベスト100」をランキング付けするというユニークな企画が、現在発売中の「アサ芸シークレットVol.37」で掲載されている。その中から抜粋してカウントダウンでお伝えしていこう。

○10位 柳瀬早紀(グラビア/152センチ B100・W65・H89)

 これぞまさしくディープインパクト! デビュー1年目に「やなパイ」の愛称も定着。最近では「乳神様」とも呼ばれているとか。片方2キロずつIカップは異次元サイズ。

○9位 山地まり(グラビア/158センチ B87・W60・H88)

 ファースト写真集のタイトルとおり、ありそうでなかった“男性未経験アピール”という戦略は、グラビア界の起爆剤となった。

○8位 鷲見玲奈(テレビ東京アナ/161センチ 推定88センチFカップ)

 豊満アナの宝庫・テレビ東京に、またまた強力なニューフェイスが誕生。競馬番組で見せる「童顔でメガネでヨコチチ強調」は最高の映像。

○7位 浅田舞(フィギュア/163センチ 推定87センチEカップ)

 復活をとげた浅田真央は、再び五輪への道を歩き出した。姉の浅田舞は豊満アスリートのジャンルならすでに金メダルは確定だ。

○6位 紗綾(グラビア/150センチ B85・W61・H88)

 グラビアシーンにおける“定点観測”とは紗綾のこと。伝説の「Fカップ小学生」から見守り続けて10年以上、俺たちの期待を裏切りません。

○5位 都丸紗也華(グラビア/157センチ B85・W60・H84)

 まさしく「グラビア界の超新星」となった。このビジュアルに色白のFカップが備われば、メディアが騒然となるのは必然。青春のきらめきにキュンキュンする男子多数。

○4位 脊山麻理子(キャスター/164センチ B84・W57・H84)

 日テレを退社して水着グラビアに挑んだ昨年は、まだほっそりとした印象。それから1年で驚くほど肉感的なボディに再成長。オンナとは、三十路を過ぎてこそ真価を発揮する。

○3位 天木じゅん(グラビア/148センチ B95・W57・H83)

 昔の言葉で言うならトランジスタグラマー、少し前ならミニモニグラマー。とにかく、こんなにあどけなくても破格のIカップは目のやり場に困る。第2ステージも順風満帆!

○2位 橋本マナミ(グラビア/168センチ B86・W60・H88)

 もはや「国民の愛人」と呼べるキャラを確立。ドラマにもフィールドを広げながら、妖艶な露出に一切の手ぬかりはない。撮られれば撮られるほどボディに磨きがかかる状態だ。

○1位 久松郁実(グラビア/165センチ B83・W59・H86)

 シンデレラがここに誕生! 雑誌メディアに久しくいなかった「彼女を載せれば売上げUP」が実現した。ファッション誌のモデルでありながら、男たちにも支持されるのは奇跡。

 さて、2016年にはどんな“乳スター”が現われるのか?

※このランキングは有名人を対象に、【1】バストサイズ【2】カップサイズ【3】人気・知名度【4】メディア露出度【5】衝撃度を総合してアサ芸シークレット編集部が独断で決定しています。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然