芸能

菅田将暉に足を絡ませ…加藤綾子、「下品なモテ仕草」で女性支持率ダダ下がり!

20160106katou

「アナウンサーの仕事じゃない!」「もはや清廉性のかけらもない」と世の女性たちから一斉に批判を浴びているのは、国民的アナウンサーのひとり、フジテレビの加藤綾子アナだ。

 レギュラー出演中の「ホンマでっか!?TV」では、今まで多くのモテ仕草を実践させられてきた加藤。バレンタイン編の「モテるチョコの渡し方」では相手の膝に乗っかって渡すという“膝乗り渡し”を実践。そのモテ仕草の威力は抜群で、顔面の距離もかなり近かったため、相手役の男性共演者も思わず仰け反ってしまうほどのインパクトだった。無論、こういった行動を難なくこなしてしまうことが、女性からの好感度を下げている要因でもある。

 そんな中、加藤は昨年12月23日に放送された同番組でさらに過激なモテ仕草に挑戦。「飲み会で周りにバレずに気になる彼だけをドキッとさせるモテ仕草」を実演した加藤は、相手役で隣に座る若手人気俳優の菅田将暉のフトモモに自身の足を絡ませるという、今どき夜のお店でもなかなかお目にかかれない究極ワザを披露。これには思わず菅田からも笑みが絶えなかった。

 しかし、こんな大胆な艶技は未経験の女性のほうが世間には圧倒的に多い。当然、女子アナがすべき行為でもないため、女性視聴者たちは「過去に何をしてきたかがわかる」「下衆の極みアナですね」と、さらに支持率低下の様子だ。

 一方で男性視聴者たちはさぞニヤニヤ見ているかと思いきや、こちらも意外にもそうではない様子。「もはやカトパンは下品なだけ」「いろいろとエスカレートしすぎて、見方が変わってしまった」「局のいいなりにしても酷い」など、ドン引きコメントが多く見られた。

 昨年末に発表された「好きな女性アナウンサーランキング」で、日本テレビの水卜麻美アナに3年連続で敗れ2位に甘んじているカトパンだが、人気アナであることには変わりない。しかし、男性のコメントでもあったように、あまりに本人の意思とかけ離れた仕事ばかり押し付けられているのだとしたら、フリー転身に気持ちが傾くかもしれない。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
5
剛力彩芽、「収入激減」報道でネット上は“ここぞとばかりの冷淡反応”だらけ!