芸能

フジテレビは正気か!?「ふなっしー探偵」が案の定、視聴率民放最下位の大爆死

20160112funassy

 1月7日に放送されたテレビドラマ「ふなっしー探偵」(フジテレビ系)の視聴率が6.8%だったことがわかった。同ドラマは、千葉県船橋市非公認のご当地キャラクターである、ふなっしーが主演を務めた。

「このドラマは、ふなっしーのほかに、アンジャッシュ・児嶋一哉、おかずクラブ・ゆいP、木下ほうかなどが脇を支えましたが、ゆるキャラと地味すぎるキャストという組み合わせのためか、視聴率は同時間帯の民放最下位となりました。また冒頭、お笑いコンビ『ハマカーン』の浜谷健司が犯人役として登場し、逮捕直後に持ちギャグである『ゲスの極み!』と叫ぶシーンがあったのですが、この日は、偶然にもベッキーと『ゲスの極み乙女。』ヴォーカルの不貞を報じた週刊文春の発売日でした。そのため、冒頭のシーンだけはスキャンダルに助けられ、話題となりました」(テレビ誌記者)

 このタイムリーな台詞に、視聴者は一時的に盛り上がったものの、その後はチープな映像と脚本が目立ち、続々と視聴者は脱落していったという。

 また放送後、ネットでは「こんな企画を通したフジテレビは正気か?」「今さらふなっしーでドラマって‥‥」「2年遅い」と企画に関する疑問の声が多く飛び交った。

「ふなっしーを支持する層といえば子供ですから、全編コミカルなストーリーであれば、まだ支持が得られた可能性はある。しかし、ドラマの悪役は爆破を企てるテロリストで、後半はふなっしーが執拗に暴力を振るわれるシーンが続くなど、中途半端に大人向けのストーリーでした。もっとポップなものを、子供が観る時間帯に30分程度で流せば、まだ勝算はあったかもしれませんが、さすがに2時間は長すぎました」(前出・テレビ誌記者)

 昨年は、低視聴率ドラマを連発してしまったフジテレビ。2016年も、引き続き厳しい時代が続いていきそうだ。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
4
マギーが「ピラティス写真」公開!「まるでアンダーウエア」な服装に騒然
5
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声