芸能

「ベッキービル」は大丈夫?不貞問題で事務所の経営は揺らぐのか!?

20160116beckya

 ベッキーの不貞問題が原因で、所属事務所サンミュージックプロダクションの経営が揺らぐと噂になっている。ベッキーの出演CMは全10社に及び、その多くが契約を更新しないと予測されているからだ。芸能ライターが過去の例を教えてくれた。

「酒井法子の薬物事件では、CM契約の違約金やキャラクター商品の回収などで損害が5億円にも及んだそうです。今回のベッキーは法律違反の行為ではないので違約金はなさそうですが、現在の売れっ子ぶりから考えると似たような減収額になる可能性がありますね」

 しかもベッキーは同社の中でも稼ぎ頭の一人。2009年に事務所が現在地に移転した際には、明らかに家賃が高くなった建物を指して“ベッキービル”と呼ぶ人もいたとか。そんなベッキーが稼げなくなってしまうことで、事務所の経営に影響は出ないのだろうか。前出の芸能ライターが語る。

「一見、売れっ子タレントが少なそうに見えるサンミュージックですが、同社の強みは裾野の広さです。中でも全国に15カ所もの拠点を抱えるサンミュージックアカデミーは、経営面では屋台骨の一つ。子役や若手タレントを数多く抱える事務所のため生徒にも出番を与えやすく、デビューに近いスクールとして人気があります」

 そんな同事務所には、子役や若手をメインに扱うサンミュージックブレーンという子会社もあり、ベッキーもかつてはこちらの所属だった。つまり同社には未来のベッキー予備軍がわんさかと所属しているのである。ベッキーの失速は一時的には痛手になるが、そこで空いた穴を埋めるタレントが現れれば、今回の不貞騒動は次世代のスターを生んだキッカケとして記憶されることになるかもしれない。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
2
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
5
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声