芸能

「卒論出した?」が流行語に!?ベッキー&ゲス極の炎上が思わぬ方面に浸透中

20160118becky

 ここにきて元カノの存在までクローズアップされるなど、“不貞ロマンスがありあまる”でおなじみ、おもいっきり既婚者だった川谷絵音率いる人気急上昇バンド「ゲスの極み乙女。」。彼の毒牙に引っ掛かった“元”好感度タレントのベッキーは軒並みCM契約を解除されそうな勢いと、その逆効果は絶大となっている。

「2人がLINEのやり取りで使った“卒論”は早くも流行語。若い人たちの間でも、別れそうなカップルに『卒論出した?』と冗談を言うそうです」(女性誌ライター)

 さらにこの騒動をイジる流れは思わぬところにも浸透中。ツイッターで一般ユーザーがツイートした写真付きの投稿が大きな話題になっているようだ。

「CDのレンタル&販売を行う有名チェーン店内で撮られた写真ですね。ゲスの極み乙女。の13日にリリースしたばかりのニューアルバム『両成敗』の紹介コーナーに関連作品という札が貼られており、そこにはゲスの過去作品を並べているわけですが、その中に堂々とベッキーのCDも並べられているんです」(週刊誌ライター)

「ちゃんと“両成敗”されてて、お互い満足では?」「ここまできたらベッキーの曲も書いてやれよ」など、ネットでは両成敗どころか、もっとやれというようなワル乗りぶりだ。

「ツイッターに投稿した本人がベッキーのCDをそのコーナーに一時期的にセッティングして写真撮影したというのが事実でしょうが、何をやってもゲス極の宣伝になってしまうところが何とも言えない今回の騒動。アルバムの売り上げは絶好調のようですよ」(音楽誌ライター)

 これぞ究極の炎上商法。CDの売れない時代に、陰でガッツポーズをしている人は一人や二人ではないだろう。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
4
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣
5
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ