芸能

「ゆいPのほうが華がある」森三中・大島「イッテQ」復帰も居場所がない!?

20160120oshima

 放送作家の鈴木おさむと結婚後、「妊活」「出産」のため芸能活動を休止していた森三中・大島美幸が、17日放送の「世界の果てまでイッテQ!新春2時間SP」(日本テレビ系)で番組に復帰。1年8カ月ぶりに芸能活動を再開した。

 番組では「大島親方復帰スペシャル」と題し、人気コーナー「温泉同好会」のオーストラリアロケの模様を放送。絶叫マシーンに搭乗しての顔芸や、大島不在中に頭角を現したおかずクラブとの相撲対決など、おなじみのリアクション芸で“芸人本格復帰”をアピールしたのだった。

 こうして自身の健在ぶりを見せつけたかのように思えた大島だが、意外や視聴者の反応は冷ややか。ネット上ではこの新年早々の派手な復帰舞台に対して、「以前のような爆発力がない。おかずクラブに完全に食われてる」「大島とゆいPの相撲を観たら、やっぱりゆいPのほうが芸人として華がある」「(母親として)守りにはいってる。将来息子が観るから的な発言も気になった」といった辛辣な意見が殺到。あげく「もう世代交代したほうがいい」といった声まで上がり始めているのだ。

「1年8カ月の産休の間に、おかずクラブの2人のほか、留守を守っていた森三中の黒沢や、たんぽぽ・川村が思いのほか成長しました。ゆいPと大島の間に“キャラかぶり”も発生しはじめた今、『温泉同好会』に大島の居場所はもはやないと言われても仕方ありません」(テレビ誌ライター)

 大島は番組のなかで他の女芸人らと久しぶりに相撲を組み、ブランクのせいで軽く投げ飛ばされるという“笑い”を演じていたが、視聴者の反応を見るや、あながち“笑ってはいられない状況”が、すでに始まっているのかもしれない。

(佐藤マコト)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるか、「Fバスト」が隠しきれない!四十路前でも“張り”最高潮の最新映像
2
高橋真麻が「奇跡の1枚」公開!ほっそりボディに“Gバスト”はまるで別人だッ
3
雛形あきこ、温泉ロケで見せた「Eバスト渓谷クッキリ場面」に視聴者クギ付け!
4
“Fバスト”がこぼれ出てる!?谷まりあ、「片パイ強調」事態に視聴者クギ付け
5
浜田雅功も卒業…今田耕司が明かした“スパルタ母校”の「リンチ」仰天エピソード!