芸能

ドラマ美女たちの「フェロモン合戦」をナマ報告!(3)NHK大河を迎え撃つはずだった綾瀬はるかだが…

20160204g

 さて、こんな好調「真田丸」女性陣を迎え撃とうとするドラマ群の美女たちに目を移そう。まず筆頭格の綾瀬はるか(30)だが、主演「わたしを離さないで」(TBS系)が、初回視聴率6.2%と初陣からつまづいてしまった。1月15日に放送された「ぴったんこカン☆カン」(TBS系)には番宣として出演。体育館で何度も短距離ダッシュ。そのたびに着衣からも分かる大きな胸が揺れさせてくれたが、結果には結び付かなかったようだ。

 さらに最近は本業の女優で、「巨乳封印」にシフトチェンジしようとしていた。

「11年公開の主演映画『プリンセス トヨトミ』(東宝)では、Yシャツ姿で町なかを激走して、大揺れするFカップ乳は口コミで広がり、興行収入が跳ね上がった。味を占めた所属事務所は昨年、10年ぶりに水着写真集を発売。ところが、予想外に売れなかったんです。これでふんぎりがついたようで、それ以降は一転、『平成の吉永小百合』を目指して肌の露出を“封印”する方針にしたそうです」(スポーツ紙記者)

 第1話のシャワーシーンでは、すりガラス越しに綾瀬の「背中ヌード」が見られたのだが‥‥。

「事務所からNGが出たので、代役の方にお願いしました」(ドラマ関係者)

 綾瀬の方針転換に、上智大学・碓井広義教授はこう指摘する。

「吉永小百合さんを目指すのは結構ですが、肌の露出を封印するのは別の話。脱ぐ意味のある作品であれば、体当たりで挑戦するべき。それが転機になるかもしれないのですから。事務所が制限するものではないし、ファンにはいずれ『綾瀬が脱ぐぞ!』と思わせてほしいのです」

 多忙な仕事からの帰りには、こんな姿も目撃されている。

「最近、駒沢の居酒屋でよく見かけます。交際が報じられた松坂桃李(27)とではなく、中年女性と一緒にテイクアウトしていきます。交際については、松坂の母親が今は仕事に集中するべきだと反対しており、年内の結婚はなさそうですね」(前出・スポーツ紙記者)

 仕事も私生活も厳しい船出のようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
坂上忍「暴君MC」に芸人が続々降板!「織田裕二を呼び捨てにして怒らせた」
3
フジ秋元優里“竹林不貞”の裏で夫・生田竜聖アナの体に「大異変」!
4
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
5
国歌斉唱でニヤニヤする選手も!プレミア12野球日本代表に“不快だ!”の声