芸能

SMAP騒動で「I女史派」キスマイ藤ヶ谷がぞんざいな扱いをされていた!

20160130kisumai

 日本全国に衝撃が走ったSMAPの解散騒動。番組での公開生謝罪で一応の収束を見せたが、不安を募らせたのはSMAPファンだけではなかったという。

「Kis-My-Ft2やSexy Zoneといった、いわゆる『I女史派』グループのファンです。彼らはI女史のマネージメントで活動してきたため、これまでSMAPメンバーのドラマや番組に多く出演し、嵐や関ジャニ∞ら『ジュリー副社長派』のグループとの共演は避けられていました。SMAPの動向はそのままグループの存続に直結するため、ファンは気が気じゃなかった。特に中居がプロデュースしたキスマイ内のユニット『舞祭組』は、中居が独立していたら解散せざるを得なかったでしょうね」(芸能関係者)

 そんなSMAP騒動に揺れたKis-My-Ft2だが、実はメンバーのキャスティングに、今回の騒動の影響が見えていたという。

「昨年12月まで放送された玉森裕太の主演ドラマ『青春探偵ハルヤ』(日本テレビ系)は、I女史の力で決まったものです。その勢いで、同じ枠に藤ヶ谷太輔の主演が一度は決まっていたんです。ですが、I女史のジャニーズ退社話が浮上。局サイドが難色を示し、番組枠が変更となった。さらに、全国ネットではなく関東ローカルに、藤ヶ谷単独主演だったのが窪田正孝とのW主演に。業界内でI女史の力が急激に低下していった証拠です」

 すったもんだの末、I女史のマネージメントから離れたキスマイ。プロモーションの仕方は変わるだろうが、SMAP残留でファンはひとまずホッとしたことだろう。

(長谷部葵)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鷲見玲奈アナ、テレ東退社秒読みで過激化する「生脚&爆胸見せ大サービス」!
2
芸能界イチの小顔・乃木坂46齋藤飛鳥の告白でプロ意識を称賛する声が殺到
3
美女アナ「空前の世代交代」戦略をスッパ抜く(1)TBS・江藤愛のポストに座るのは?
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
コンビ降板がかかった「バス旅Z」が成功!「運命を分けたポイント」は!?