芸能

SMAP騒動で「I女史派」キスマイ藤ヶ谷がぞんざいな扱いをされていた!

20160130kisumai

 日本全国に衝撃が走ったSMAPの解散騒動。番組での公開生謝罪で一応の収束を見せたが、不安を募らせたのはSMAPファンだけではなかったという。

「Kis-My-Ft2やSexy Zoneといった、いわゆる『I女史派』グループのファンです。彼らはI女史のマネージメントで活動してきたため、これまでSMAPメンバーのドラマや番組に多く出演し、嵐や関ジャニ∞ら『ジュリー副社長派』のグループとの共演は避けられていました。SMAPの動向はそのままグループの存続に直結するため、ファンは気が気じゃなかった。特に中居がプロデュースしたキスマイ内のユニット『舞祭組』は、中居が独立していたら解散せざるを得なかったでしょうね」(芸能関係者)

 そんなSMAP騒動に揺れたKis-My-Ft2だが、実はメンバーのキャスティングに、今回の騒動の影響が見えていたという。

「昨年12月まで放送された玉森裕太の主演ドラマ『青春探偵ハルヤ』(日本テレビ系)は、I女史の力で決まったものです。その勢いで、同じ枠に藤ヶ谷太輔の主演が一度は決まっていたんです。ですが、I女史のジャニーズ退社話が浮上。局サイドが難色を示し、番組枠が変更となった。さらに、全国ネットではなく関東ローカルに、藤ヶ谷単独主演だったのが窪田正孝とのW主演に。業界内でI女史の力が急激に低下していった証拠です」

 すったもんだの末、I女史のマネージメントから離れたキスマイ。プロモーションの仕方は変わるだろうが、SMAP残留でファンはひとまずホッとしたことだろう。

(長谷部葵)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
のん“一日署長”姿がすっかり下ネタ扱い…「完全復帰」が実現しない残念現象
2
すみれがスカート奥見せ!太川&蛭子も暴走「旅バラ」再放送の注目ポイント
3
フジ渡邊渚、「柔らかそう!」絶賛の“Gバスト”爆揺れダンス生披露
4
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
5
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”