芸能

T-BOLANの復活に中年は感涙、そして若者は「何かのモノマネ?」

20160204tbolan

 1月28日に開催された東京マラソン2016のキックオフイベントにて、T-BOLANの森友嵐士が応援ソングの「駆け抜ける愛のうた ~はじまりのday by day~」を熱唱。1990年代にヒット曲を連発した当時を彷彿とさせる歌声でファンを魅了した。アラフォーの女性誌ライターが興奮した様子で語る。

「森友さんの歌声は本当に感涙もので、ルックスもあまり変わってなかったし、青春の日々がよみがえってきました。同級生の友達と『あれ聴いた?』って連絡取り合っちゃいましたよ。ランナーの皆さんもあの曲からパワーをもらえるんじゃないでしょうか」

 ちなみに東京マラソンの参加者は平均年齢が46歳とかなり高め。T-BOLANが活躍していた当時は20代前半だったわけで、そんな甘酸っぱい青春を感じさせる人選はオジサンオバサン世代にピタリとハマったようだ。一方で、若者世代からはまったく違った声が聞こえてきたのである。テレビ誌のライターが語る。

「全身黒づくめにサングラス、そしてアクセサリーをジャラジャラと着けた森友の姿は“昔のチャラ男”に見えるようで、『派手なオジサン』という声も聞こえていました。そして極めつけはその歌い方。90年代にはおなじみだったウォウウォウ系の歌声が、いまの若者には奇妙に聞こえるらしく、『具合悪いの?』とか『何かのモノマネ?』という声まであがっていましたね」

 もちろんどの世代にも受けるアーティストというのは少なく、ターゲット層を絞った今回の人選は成功したと言えるはずだ。ただ若者たちから聞こえてきた違和感は、当のT-BOLAN森友にとっては不本意なものだったかもしれない。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大食い王準優勝の「魔女菅原」が敗因を告白!マックス鈴木に負けた意外な理由
2
「テセウスの船」で見せた榮倉奈々の“ゾンビ”メイクが放送事故レベル?
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
石原さとみ、「綾瀬・深田連合」に“宣戦布告”で「ホリプロ三姉妹」激震のワケ!
5
青木愛、完璧ボディ披露で視聴者釘付けでも“浮いた話”が皆無のワケとは?