エンタメ

本誌名物1000人アンケート 我が青春を彩った「昭和の歌姫」ランキング(3)インタビュー2.「みずいろの雨」八神純子

新アルバムを発表し10年ぶりに活動を再開!
「引退を考えた時に突然メロディが浮かんだ」

 ピアノの弾き語りにサンバホイッスルの音色を重ね、唯一無二のパワフルな歌声を聴かせた八神純子(53)。あの澄んだボイスが再び日本に舞い戻る!


 79年に大ヒットした「みずいろの雨」は、八神にとって3枚目のシングルである。いきなり高音のサビで始まる楽曲は、斬新な印象を残し、60万枚の売り上げを記録する。
 現在は家族とともにロスアンゼルスに在住する八神が、この一曲に賭けた思いを語ってくれた。
「実は『みずいろの雨』は岩崎宏美さんの声を想定して書いた曲なんです。デビューから2曲出したシングルが思うように売れなかったので、歌手をやめて作家としての自分を考えていたからだと思います。結果、自分で歌ってみてとても評判がよく、レコーディングとなりました」
 メロディが突然、浮かんだのは「原宿の歩道橋の上」だったそうだが、引退を撤回しただけでなく、全国区の知名度を得た。当時、高視聴率を誇った「ザ・ベストテン」(TBS)は、その大きなステップとなった。
「注目曲を紹介する『今週のスポットライト』のコーナーに出してもらって『みずいろの雨』がブレイクしました。司会の黒柳徹子さんは本当に勉強家の努力家で、お仕事させていただくたびに脱帽でした。本番前のリサーチがすばらしいです。もう一人、久米宏さんには『背が低い』だの『小太り』だの、いろいろ言われましたが、私がいつも緊張したのをほぐしてくださったのだと思います」
 以降も「ポーラー・スター」や「パープルタウン」などがヒットし、番組に欠かせない顔となった。
 そんな売れっ子ながら、83年に拠点をロスに移すと、徐々に日本での活動をフェードアウト。21世紀に入ってからは、日本でのライブもとだえていたが、今秋に久々のアルバム発売、10年ぶりの凱旋ライブと〝復活.の気配である。
「9月に下の息子が18歳になるので、来年からの活動再開の準備にかかっていた2011年でした。が、今回の東日本大震災で、何かできることはないか‥‥と思い、ネットを通じ賛同してくださった人たちと被災地に物資を送ったり、義援金を集めるチャリティライブを行ったり、被災地を訪問して心が通じ合える時間を持つためのライブをやりました」
 まったく衰えのないミラクルボイスは、間もなく完全復活である。

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
2
加藤綾子が“入れられる直前”ベッド姿を公開!すっぴん不安顔にファン騒然
3
胸の先見えそう!ローラがシャツはだけショットを公開も「あざとい」評のワケ
4
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
5
大江麻理子、プリンプリン桃型ヒップと腰つきがヤバイ!“フェロモン爆発度”