芸能

出そろってきたベッキーの後任は全員、同じ特徴を持っていた!?

20160211becky

 本格的な休業に入ったベッキーの後任問題で、各番組の対応が出そろってきた。オードリー若林正恭と共にMCを務めていた「人生のパイセンTV」(フジテレビ系)では、若林の相方である春日俊彰がMCに昇格。山口智充と一緒に司会を務めていた「にじいろジーン」(フジテレビ系)では、お笑いコンビ・ガレッジセールのゴリと川田広樹が代役MCの座に収まっている。テレビ誌のライターが解説する。

「テレビ局側としては、ベッキーを露骨に差し替えた形に見えるのは避けたいはず。そこで『パイセンTV』では事実上のレギュラーだった春日を、『にじいろジーン』では山口との共演経験が豊富なガレッジセールを後任に充てたんでしょうね。両番組に共通するのは、もう一人のMCと同じ所属事務所から起用していること。ベッキーの休業で迷惑をかけたことに対するお詫びの意味もありそうです」

 一方で、ベッキーがレギュラー出演者の一人という扱いだった番組では、他のレギュラー陣にベッキーの役割を割り当てることになりそうだ。「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)ではいとうあさこやたんぽぽ・川村エミコに、そして「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)と「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(TBS系)ではハリセンボンの近藤春菜と箕輪はるかの出番が増えると予想される。こういった新顔の顔ぶれについて、前出のテレビ誌ライターが続ける。

「各番組で共通するのは、後任がすべてお笑い芸人だということ。新たに女性タレントを起用するとベッキーから差し替えたことが見え見えですし、その新顔にまたもや不貞行為が発覚でもしたら目も当てられません。それゆえお笑い芸人は、このような緊急登板では使い勝手がいいのでしょう」

 とはいえ、このまま代役メンバーで番組を続けるとも考えづらく、本格的にベッキーの後任が登場するのは新クールを迎える4月になりそうだ。今ごろ各番組では後任のオーディションを始めているかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?