芸能

ベッキーの「手記」争奪戦が激化!週刊新潮の擁護記事もその布石!?

20160229becky

 いまだ非難がやまないベッキーと「ゲスの極み乙女。」ボーカル・川谷絵音の不貞騒動。この件でCM10本と出演レギュラー番組を失う事態に陥ったことについて、ジャーナリストの山路徹氏は新聞社の取材に対しこう答えている。

「とにかく世間に向かって説明しないとだめ。ベッキーさんの記者会見は、CMスポンサーや代理店への謝罪という印象を持たれ、結局、世間が“炎上”しました。でもスポンサー自体は、世間がどう判断するかみている。あの会見は、そこを読み違えちゃった」

 と、記者会見での“初動ミス”を指摘している。

 山路氏は自身も2010年にタレントの麻木久仁子との不貞が報じられた過去を持つ。“経験者は語る”といったところか。そんなベッキーに今、とある仕事の依頼が殺到しているという。

「“手記出版”のオファーが多数寄せられています。騒動が収まる前になんとか書かせたいと、大手出版社が躍起になって事務所と交渉しているようです」(スポーツ紙デスク)

 2月25日に発売された「週刊新潮」のベッキー擁護記事もその布石と見られているという。

「川谷が当時既婚者だったことを隠しベッキーと交際していたことをこれでもかとクローズアップしていましたね。その後、手記で謝罪に徹せば、世間は彼女に同情してバカ売れ必至ですからね。事務所にゴマをすっておくのも損な話ではないでしょう。ベッキーのCM違約金は8億円とも言われており、事務所内では社員のリストラの噂まで出ています。事務所も手記を書かせて違約金の補填にしたいのが本音でしょう」(芸能プロ関係者)

 多方面から非難を浴びながらも、「ベッキーだけ制裁されるのはおかしい」「川谷も同じように罰を与えられるべきだ」とベッキーへ同情の声が上がってきているだけに、手記を出すなら今がチャンスなのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
5
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に