芸能

ベッキーの寄付話はねつ造?日本ユニセフの「否定」で首を絞めた!?

20160303becky

 3月1日、日本ユニセフ協会は「2016年2月発売の週刊誌記事に関連して」と題したコメントを発表。ユニセフ関係者が個人の寄付履歴を週刊誌に明らかにしたとする記事が事実ではないとした。

 誌名こそ書かれていないが、この週刊誌は2月25日発売の「週刊新潮」で、現在活動休止中のベッキーがこれまでに日本ユニセフに寄付した募金で、アフリカに5つの校舎が建ったというエピソードについての反論だと見られる。

 これを指して「寄付がねつ造」ということにはならないが、期せずしてみずからの首を絞める形になった。

「この記事は、ほかにも共演者や関係者に謝罪の手紙を送っており、その数が100通にも及ぶことなど、一貫してベッキー擁護の内容でした。しかし、寄付の話は人柄を表すエピソードではあるものの、騒動の根幹である不貞問題とは無関係。マイナスイメージが払拭できるものではありません。それに加えて日本ユニセフからの反論ですから、結果的にベッキーの足を引っ張っただけですよ」(週刊誌記者)

 マネージャーの発言も載るなど、事務所側のリークと目されるこの記事。火に油を注いだ質問NGの釈明会見といい、ことごとく事務所の対応の拙さが露呈してしまっている。視聴者の反応以前に、ベッキーと事務所の信頼関係が気になるところだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」