芸能

「めちゃイケ」卒業の三ちゃん、重盛さと美もドン引きした異常すぎる性癖とは?

20160303sigemori

 2月27日に放送されたバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)にて、レギュラー存続を決める視聴者投票が行われ、三中元克は不合格となり卒業した。今回の卒業は、三中の行動が招いた事態だという。

「三中は元々、めちゃイケ内でプロレスラーへ向けて修行する企画に挑戦していました。しかし度重なる逃走や、関係者に嘘をついて勝手に帰郷するなど、問題行動を繰り返したため、スタッフ側は更正の予知なしと判断。結果、上層部はクビを決めたそうです。しかし局側で、クビを切ると批判が起こると予測したスタッフは、今回のような視聴者投票という手法を取ったようです」(芸能記者)

 それらの思惑があったからなのか、放送ではあえて三中が女性たちと飲み屋で騒ぐVTRを流し、視聴者の彼に対するネガティブなイメージを誘導しようとする編集が見られた。

 また放送後は、ネット配信番組「めちゃ×2タメしてるッ!」にて、彼と特に仲の良いジャルジャル・福徳秀介の口から、三中に関する驚きのエピソードが語られたという。

「番組では福徳が三中のプライベートを暴露したのですが、その異様な内容が視聴者を驚かせました。彼によると、三中は性に対する欲望が異常に強く、定期的にカプセルホテルに通っては、1人で下腹部を床に擦り付け、8回連続で昇天しているそうです。さらにホテルへ向かう前は、着替えから財布まで身に付けるものすべてを新品で購入し、行為後はそれらをすべて捨ててからでなければ帰れないという、奇怪な習性も話していました。これには、重盛さと美やタンポポら女性共演者は、『性犯罪者のよう』と話し、ドン引きしていました」(テレビ誌記者)

 この行動には、三中を素朴な青年と認識していた視聴者からも「普通じゃない!」と驚きのコメントが飛び交った。

 今年から吉本所属となり、プロの芸人となった三中だが、今後、これらの異常性を笑いに変えていくことができるだろうか。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
4
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
5
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣