芸能

エスパー伊東「高速激辛早食い」で番組スタッフにダマされっぱなしだった/坂下ブーランの地獄耳芸能

 年明け早々、エスパー伊東、南部虎弾と、特殊で過激な芸風の芸人が相次いで世を去ったが、ナインティナインの岡村隆史は、出世作「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)で、エスパーと仕事をした経験がある。

 エスパーはスタッフにダマされても、コーナーを成立させるために何も言わない、律儀な芸人だったという。要はリハーサルの段階からダマされているのだ。

「今やからね、カラクリも言うてもいいとは思うんですけど。高速激辛早食い(エスパーの芸)あるじゃないですか。で、これはだから『めちゃイケ』スタイルだったと思うんですけど。リハで1回、なんとなくはちょっとやってるんですよ。『あ、これぐらいやったらできますね』ってなって。で、本番迎えるんですけど、その日は激辛がバーッて出てきた時に一瞬、エスパー伊東さん、止まってるんですよ。なんでかって言うたら、想像してたよりも量が多かったり、リハでやったのと全然違うというか、ちょっと軽いドッキリにかけられてるんですよ」

 こう明かすと、岡村がさらに続けた。

「そんなん5倍ぐらい辛いんですよ。だから口に入れた瞬間に『あっ! あああ』ってなって『これもう、リハの時の辛さとちゃう』ってなってるんです。もう、今やったらみんな『リハと全然ちゃうやないですか!』とか言うて、目先の笑い取りに行くじゃないですか。でも違うんです。エスパーさんはプロフェッショナルだから言わない。ビックリしてるだけ。それでも『頑張って!』って言われて、なんとか数個食べる。やりきるんですよ。『できますよね』って言うたら、エスパーさんは『できます』って答えるですよ。でも、できないっていう。誰も勝たれへんのんちゃう、っていうぐらい大爆笑ですよ」

 相方の矢部浩之も、当時を懐かしむ。

「打ち解けるために『めちゃイケ』スタッフが飲みに行ったりしてたからね。ご飯行って、キャバクラに連れて行ったり。仲良くなって、もう信頼関係が出来上がった」

 絆があってのドッキリ的演出は、エスパーでも見抜けなかったのだ。

(坂下ブーラン)

1969年生まれのテレビディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティー番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティーの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYouTube動画を制作、視聴回数の爆発を目指して奮闘中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】