芸能

デス共演!“加害者”矢口真里、“被害者”加藤紗里への上から目線に批判の嵐

20160303yaguchi

 2月28日に放送された情報バラエティ番組「サンデージャポン」(TBS系)で、矢口真里と加藤紗里の2大炎上クイーンの夢の共演が実現。

 今、お茶の間から最も嫌われている女性タレント2人の共演ということで、チャンネルを替える人も多いのではと心配されたが、ある意味“底辺すぎるキャスティング”に世間からの注目度は高まったようだ。

 番組内では、矢口は加藤との初共演について「スゴい楽しみにしてきた」と語り、「加藤さんがテレビに出始めたとき、正直すっげー嫌いだったんです。でも、気づかないうちに洗脳されていて、毎日ブログとかインスタとか見ちゃっている」と現在は気になる存在であることを明かした。

 これに対して加藤も「ありがとうございます」と素直に頭を下げており、ファーストコンタクトは良好だったようだ。

 ただ、このやり取りを観ていた視聴者たちが激しく違和感を覚えたのだとか。その理由は、矢口が「加藤のことを嫌いだった」と発言したこと。即座にネット上では「なぜ、矢口のほうが偉そうなのか?」「加藤が矢口を嫌いならわかるけど‥‥」「おいおい、加藤は不貞の被害者で、矢口は不貞の加害者だろが!」と、矢口に対し“どの口が言っているのか”とばかりにバッシングが飛び交った。

「炎上タレントとして強力なライバルが出現したことを踏まえての牽制的発言かもしれませんが、旦那を裏切った矢口が彼氏に裏切られた加藤に対し“嫌いだった”は確かにオカシイ。番組レギュラーの西川史子も矢口に『そういうこと言ったら世間的にはよくないよ。罪深さでいったらやぐっちゃんのほうが罪深いんだから』と、正論をぶつけていました」(芸能ライター)

 さらに、矢口が現在は加藤のファンだと公言したことも不評を買ったようで、「さっそく加藤の人気に便乗中」「加藤もコイツとは組まないほうがいい」「あざとさがモロすぎて笑いしか出ない」と、やり玉に上がっている。

 結局、この2人の対決で証明されたのは“矢口の尋常じゃない嫌われっぷり”だったようだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美