芸能

川谷だけじゃなかった!「ゲスの極み乙女。」美人ドラマー既婚発覚にファン騒然

20160310gesu

 人気バンド「ゲスの極み乙女。」の男性ファンに大衝撃が走った。美人ドラマーとして人気のほな・いこかが、すでに既婚者だったと報じられたのである。これは3月10日発売の「週刊文春」に掲載された、川谷絵音への直撃インタビュー記事にて明かされたもの。音楽ライターが驚きの様子で語る。

「まだ26歳ですし、まさか彼女が既婚者だとは完全にノーマークでしたね。川谷とベッキーの不貞問題でバンドの注目度が上がる中、彼女のルックスの良さも広く知れ渡ることとなっていただけに、ガッカリしたファンは多いでしょうね。文春の記事によるとお相手は音楽関係者で、男性ファンの多さからトップシークレットとなっていたようです。ほなは中学生の頃から芸能活動をしており、普通の学生よりも早い時期から大人の世界に触れていましたし、魅力的な男性に出会う機会も多かったのでしょう。それにしても旦那さんが羨ましいですよ」

 ゲス極では、ベースの休日課長がほなに恋心を抱いているという小芝居が定番ネタだったが、これもプロレスばりのアングルだったというわけだ。ほなファンには彼女の情報を探るべく、本名の佐藤穂奈美を手掛かりにして調べる者も多かったが、結婚を機に改姓したのであれば、その努力は徒労だったことになる。そんなほなについて前出の音楽ライターが続ける。

「ベッキー騒動さえなかったらメンバーの個人情報が報じられることもなかったはずで、こうなると問題となるのがファン離れです。ただでさえ川谷に嫌気がさしてファンを辞めた女性がいるのに、今度は『川谷ばかりか彼女まで!』とほな推しだった男性ファンも離れる恐れがあります。今月からのツアーはほとんどの会場がソッカン(即日完売)ですが、今後は集客が難しくなるかもしれません」

 3月2日に開催された限定ライブでは、ほなの脱退疑惑を否定してみせた川谷。だが川谷の不貞行為が原因で自らの婚姻がバレてしまったほなにしてみれば、改めて脱退を考える時期がきているのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫