芸能

アイドルの「卒業」名場面30年史(4)AKB48前田・大島・高橋を超える名セレモニー!?

20160319idold

 握手商法などの批判もあるが、それでも連続ミリオンセラー記録を塗り替えた「AKB48」は、音楽史に残るモンスターグループである。

 10周年を迎え、すでに多くのメンバーが卒業していったが、やはり最大の衝撃は12年3月のコンサート中に発表した前田敦子だったはず。

「人気絶頂期に、グループの顔である彼女がライブで発表したのは、AKBの歴史を振り返っても有数の出来事。ただ、本人の中には『新旧交代をさせないと‥‥』という思いがあったのでしょう。そこから渡辺麻友がセンターになったりと、願いは届いたと思います」(美少女研究家・高倉文紀氏)

 卒業を発表したさいたまスーパーアリーナの公演では、あらかじめ「重大発表!」がアナウンスされていた。初日に「初の東京ドーム公演」が発表されたため、ファンも胸をなで下ろしたが──、

「私は14歳の時に初期メンバーとして加入させていただきました。それは、私の人生にとって初めての大きな決断でした。そして今日、ここで2度目の大きな決断をさせてください。私、前田敦子はAKB48を卒業します」

 まさしく、アリーナがどよめいた瞬間である。そして前田と並ぶ2大エースの大島優子は、13年の「紅白歌合戦」でサプライズ発表。この日はEXILE・HIROのラストステージや、御大・北島三郎の紅白卒業があらかじめ予定されていたが、それらを吹き飛ばしてしまった。

「昔なら考えられなかった。おかしいといえばおかしい」

 ワリを食った北島の素直な感想である。

 その大島と前田が顔をそろえたのは、まだ記憶に新しい15年の大みそかのこと。総監督である高橋みなみのラスト紅白に、ともにシークレットで登場したのである。

 目を丸くして驚くたかみなだったが、今後、2度と同じ演出はできないという“最後の切り札”にも見えた‥‥。

 こうした大物ではなく、ひっそりと去った増田有華の卒業も印象深いと前出の高倉氏は言う。12年12月17日の「AKB48 紅白対抗歌合戦」での1コマだ。

「彼女はスキャンダルが報じられたため、これといったセレモニーもなく終わるはずでした。ところが、アンコールの時に同じ2期生の大島が音頭を取り、ステージ中央に増田を呼び寄せた。5人ほどで囲んだ小さなセレモニーでしたが、会場のファンもあたたかく見守っていて感動的でした」(前出・高倉氏)

 現役メンバーもいつかは「卒業」を決断する時期は必ず来る。今度はどんな名シーンが生まれるのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」