芸能

アイドルの「卒業」名場面30年史(4)AKB48前田・大島・高橋を超える名セレモニー!?

20160319idold

 握手商法などの批判もあるが、それでも連続ミリオンセラー記録を塗り替えた「AKB48」は、音楽史に残るモンスターグループである。

 10周年を迎え、すでに多くのメンバーが卒業していったが、やはり最大の衝撃は12年3月のコンサート中に発表した前田敦子だったはず。

「人気絶頂期に、グループの顔である彼女がライブで発表したのは、AKBの歴史を振り返っても有数の出来事。ただ、本人の中には『新旧交代をさせないと‥‥』という思いがあったのでしょう。そこから渡辺麻友がセンターになったりと、願いは届いたと思います」(美少女研究家・高倉文紀氏)

 卒業を発表したさいたまスーパーアリーナの公演では、あらかじめ「重大発表!」がアナウンスされていた。初日に「初の東京ドーム公演」が発表されたため、ファンも胸をなで下ろしたが──、

「私は14歳の時に初期メンバーとして加入させていただきました。それは、私の人生にとって初めての大きな決断でした。そして今日、ここで2度目の大きな決断をさせてください。私、前田敦子はAKB48を卒業します」

 まさしく、アリーナがどよめいた瞬間である。そして前田と並ぶ2大エースの大島優子は、13年の「紅白歌合戦」でサプライズ発表。この日はEXILE・HIROのラストステージや、御大・北島三郎の紅白卒業があらかじめ予定されていたが、それらを吹き飛ばしてしまった。

「昔なら考えられなかった。おかしいといえばおかしい」

 ワリを食った北島の素直な感想である。

 その大島と前田が顔をそろえたのは、まだ記憶に新しい15年の大みそかのこと。総監督である高橋みなみのラスト紅白に、ともにシークレットで登場したのである。

 目を丸くして驚くたかみなだったが、今後、2度と同じ演出はできないという“最後の切り札”にも見えた‥‥。

 こうした大物ではなく、ひっそりと去った増田有華の卒業も印象深いと前出の高倉氏は言う。12年12月17日の「AKB48 紅白対抗歌合戦」での1コマだ。

「彼女はスキャンダルが報じられたため、これといったセレモニーもなく終わるはずでした。ところが、アンコールの時に同じ2期生の大島が音頭を取り、ステージ中央に増田を呼び寄せた。5人ほどで囲んだ小さなセレモニーでしたが、会場のファンもあたたかく見守っていて感動的でした」(前出・高倉氏)

 現役メンバーもいつかは「卒業」を決断する時期は必ず来る。今度はどんな名シーンが生まれるのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「シブがき隊転倒」「明菜に帰れコール」…歌番組の「放送事故」を全部バラす!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
下半身をボロン!有村昆が夢中になった「女優Tの正体」にネットが熱視線