芸能

アイドルの「卒業」名場面30年史(6)深田恭子、南野陽子、Perfume…堀越高校生の悲喜こもごも

20160320idolf

 さてここからは、本来の「卒業式」にまつわるエピソードをいくつか。アイドルが多い高校といえば、昔も今も堀越高校が筆頭だが、01年3月、深田恭子はこんな名言を残した。

「嫌いなタイプは加藤さんに近づく人です」

 深キョンと加藤あいは堀越の同級生で、アイドルきっての「ここまで仲がいいのは見たことない」と言われたほど。もっとも、卒業後は親友という間柄ではなくなったようだ。

 09年3月に卒業した蓮佛美沙子は、有名私大にかようことを表明していた。式の後にマスコミに囲まれ、レポーターから「合コンしたい?」と問われ、清純派らしい返答。

「コ、コンパ‥‥。門限が夜7時なのでいいです」

 86年3月に卒業した南野陽子は、同級生に本田美奈子や岡田有希子ら、今は亡き名前が並ぶ。それでなくても堀越は、同じクラスで売れている子と売れていない子が区分される。

「18歳って、これからの年齢なのに夢に結論を出されて、現実を叩きつけられる。ユッコ(岡田)に対しても、どうしてあげることができたんだろうって‥‥」

 心にしみる言葉だ。最後は07年3月にそろって卒業した「Perfume」である。広島のローカルアイドルを経て3人で上京したが、卒業式の時点ではメジャーになっておらず、マスコミ取材も皆無。その悔しさが翌年の大ブレイクにつながったとか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
健気!藤田ニコル、衝撃水着ブリッジに「“正面ショット”もお願いします」の声
3
藤田ニコル、インスタに水着姿公開もまさかの「ドテ高」に議論集中!
4
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像
5
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史