芸能

なぜだ!?キンタロー。のブサイクすぎる“生駒里奈”を乃木坂ファンがまさかの絶賛

20160331kintaro

 かつて、前田敦子のモノマネでブレイクしたお笑いタレントのキンタロー。が、今度は時代の流れでシフトチェンジ。乃木坂46の初代センター・生駒里奈の酷すぎるモノマネを披露し、話題になっている。

 キンタロー。は24日に放送されたバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の人気企画「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」に出演。その中で「ライブ中、メンバーからサプライズプレゼントをされ、感極まるもなんとかゴマかす生駒里奈」というモノマネを披露。しかし、このネタには前田のモノマネと同様に、キンタロー。特有のちょっとしたディスりも入っているものだった。

 同企画にレギュラー出演し、乃木坂との冠番組を持ち、生駒をよく知るバナナマン・設楽統からは「やっぱ、キンタロー。ブスすぎますね」と、モノマネの内容以前に“ルックスがアウト!”という評価が下っていた。

 あまりに酷すぎるモノマネに炎上必至と思われたが、実際のところはそれほどでもなく、大半の乃木坂ファンからは「生駒のモノマネ、めっちゃ面白かった」「生駒ちゃんのモノマネしてくれてありがとう」「これからもいろんなところで披露してください」という感謝のコメントが多く寄せられているのだ。

「昨年、紅白に出場し人気上昇中の乃木坂ですが、全国放送の冠番組はありませんから、お茶の間の認知度はAKBに遠く及びません。現在は“顔を広める”ために、ソフトバンクのCMに出演するなど絶賛PR中といったところです。そんな時期にキンタロー。が全国ネットのゴールデン帯の番組で、乃木坂メンバーをネタにすることは、ファンにとってはかなり嬉しい事態だととらえているようですね。またキンタロー。は、以前よりイベントや冠番組で乃木坂との絡みがあり、最近ではキンタロー。の頭の大きさのおかげで美少女キャラとして人気の同グループの齋藤飛鳥の小顔がこれでもかとクローズアップされるなど、プラス作用に働くことが非常に多いんです」(アイドル誌ライター)

 ネットにはモノマネ大批判などの記事もアップされているようだが、じつはファンたちは大喜び。マネされた生駒本人も家族で番組を視聴して大爆笑したようで、同日にブログを更新し「めちゃ似てた!」と振り返っている。

 憎めないブサイクさと規格外な顔面のデカさで、今後も乃木坂46全国キャンペーンを爆笑部分から応援してほしい。これがファンの総意のようだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    加工に疲れた!?「証明写真」「写ルンです」の「盛らない」写真の人気事情

    SNSに投稿する写真は加工アプリを使って「盛る」ことが当たり前になっているが、今、徳にZ世代の間では「あえて盛らない」写真を撮影し投稿することがブームとなっている。いったい若者たちにどんな心境の変化があったのか。ITライターが語る。「盛らな…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【悪夢再び】中国がクラスター大流行をひた隠す「謎の肺炎」がヤバイ…中国人観光客を直ちに制限せよ!
2
【J1神戸】初優勝が三木谷会長の首を絞める大迫勇也・酒井高徳との契約更新「銭闘」
3
元木大介が「とてもじゃないけど話せない」と口ごもる巨人コーチ時代の舞台裏
4
藤井聡太「八冠達成」してから決意のイメチェン!? ヘアスタイルがサラサラに
5
積水化学「クイーンズ駅伝」V奪還で黄金時代の到来!あの田中希実を破った選手が出場していないのに…