芸能

弘兼憲史×萩本欽一 欽ちゃんとドンと「新老人」を楽しもう!(1)その年で体育まで受けてるんですか?

20160414i

 弘兼憲史が独自の目線で老後を語る週刊アサヒ芸能人気コラムの連載100回を記念して、今回はお笑い界の大御所、今は現役大学生でもある萩本欽一をゲストにスペシャルトーク。大学生活から死生観まで、笑いが絶えない「新老人」の真骨頂、ここにあり!

萩本 僕、今日は弘兼さんの「新老人のススメ」(徳間書店刊)を読んで来たんですよ。

弘兼 それはありがとうございます。

萩本 でも、弘兼さんってもっと乱暴な人のはずなのに、本を読むとずいぶん印象が丸いもんだから(笑)。ウソ書いてるんじゃないかと思って、今日はそのあたりを暴きに来ました。

弘兼 アハハハハ! 参ったなぁ。今日はお手柔らかにお願いします。

萩本 はい、こちらこそお願いします。

弘兼 萩本さんには3~4年前に、僕がやっていたラジオ番組のゲストに来ていただいたことがあって。

萩本 もうそんなになりますか。

弘兼 その間に萩本さんはなんと大学生になられて。学生生活は、どう過ごされていますか?

萩本 朝はだいたい7時半に起きて、8時15分に大学へ出かけて、9時から3時間ぐらい授業を受けるような毎日です。

弘兼 えっ、毎日!? 僕が大学生の頃なんて、テスト前にちょっと情報を集める目的でしか大学に行きませんでしたよ。語学や体育は出席を取りますから行っていましたけど。

萩本 でしょ? あなた方先輩がそういういいかげんなことをするから(笑)、文科省が気づいて昨年度から厳しくなったんですよ。今は「半期のうち3日以上休んだら、どんなにテストの成績がよくても単位はあげません」って言われます。

弘兼 へぇ~、今はちゃんとしているんですね。授業は、どんなものを受けてるんですか?

萩本 仏教学部ですから仏教の授業、あと英語、ドイツ語、体育、インターネットの授業とかですね。

弘兼 えっ、体育も!?

萩本 ありますよ。何かスポーツを1つ選ばないといけないんです。ですから先生に、「こんな年寄りに体育なんて、殺す気か」って言いましたけど(笑)。

弘兼 何を選択しました?

萩本 ゴルフです。いちばん動かなくていいから(笑)。

弘兼 アハハハハ、なるほど。

萩本 でも、こっちは生徒でしょ。打ったら球は自分で拾いに行かなきゃいけないんですよ。

弘兼 それは大変だ。

萩本 ですから、なるべく打たないようにするんです。先生は指導しながら学生全員を見て回ってますから、僕のところには30分に1回ぐらいしか回ってこない。そうすると授業は90分ですから、3発だけ打てばいい。で、打った球は隣の学生に頼んで拾ってきてもらう(笑)。

弘兼 楽しそうでいいなぁ(笑)。語学はどうですか? 英語はまだしもドイツ語なんて覚えられないでしょう。僕なんかもう単語1つも覚えてないですよ。

萩本 いや、でも覚え方をくふうすれば何とかなるんですよ。例えば、英単語ってカタカナの読み方だと覚えにくいので、僕は漢字でルビを振るんです。

弘兼 あ、それは僕も中学の時にやってましたよ。エルビス・プレスリーの「ハウンド・ドッグ」って歌の最初の歌詞を「湯煙 梨腹 波雲堂」って書いて「ゆえん なしばら はうんどう」って覚えてたんです。それと同じですね。

萩本 そう。そうやって漢字を1つでも入れておくと、その単語はすぐに出てくるんです。覚え方の作戦が立てられるものは、僕は難しいと思わないですね。

弘兼 すごいなぁ。

萩本欽一(はぎもと・きんいち) 1941年東京都出身。66年に坂上二郎と「コント55号」を結成、たちまちお茶の間の人気者に。80年代には「欽ちゃんのどこまでやるの!?」などで視聴率「100%男」の異名を取るまでに。昨年4月に駒澤大学仏教学部に入学、大きな話題を呼んだ。

弘兼憲史(ひろかね・けんし) 1947年山口県出身。早稲田大学法学部卒業後、松下電器産業(現パナソニック)勤務後、74年に漫画家デビュー。主な代表作は「島耕作」シリーズ、「黄昏流星群」など。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
3
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男
4
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
5
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!