芸能

日テレ・笹崎里菜 銀座で培ったフェロモンテクがいよいよ全開!(2)入社前の騒動から見る強心臓ぶり

20160414t2nd

 ちなみに笹崎アナの「笑点」登場はこれが3回目。昨年の7月と11月にも出演しており、特に7月放送の回はテレビの世界に入って最初の本番収録。ところが、最初の挨拶からネタはフェロモン全開だった。

「今日が初めての収録です。とても緊張していますが、“昇天”しないように頑張ります!」

 と「初体験」からすでに大物の片鱗を見せつけた。過去の出演でも小遊三師匠とペアを組み、こんな下ネタ合戦を繰り広げている。

「小遊三さん、私を温泉に連れていって。でも、イヤラしいことしたら通報しますよ」

「子作り温泉に行きませんか」

「いいですよ」

「大丈夫、イヤラしくなく手伝うから」

 新人アナとは思えない強心臓ぶりだが、その入社経緯を見ればナットクものだろう。「笹崎里菜」の名を一躍全国区にしたのは、日テレ相手に大立ち回りを繰り広げた「内定取り消し騒動」だ。

 15年度のアナウンサー採用試験で内定を取った笹崎アナに対し、日テレが「他の就職活動はやめるように」と要請し、本人も了承。ところがその後、学生時代に銀座のクラブでアルバイトをしていたことが発覚し、局側は「清廉性がない」として内定を取り消したのだ。

 この処置に納得できない笹崎アナ側は日テレ側を提訴。スッタモンダのあげく、最終的に和解し、15年4月に、晴れて日本テレビに入社している。水商売のバイト歴で内定が取り消されるという事態も異例なら、それを裁判に訴えて覆すという結末も異例のことだった。

 この一件は世間の大きな話題となり、他局であるフジテレビの亀山社長が「ウチなら入社させる」と横ヤリ発言する事態になった。

「水商売といっても、親戚のやっているお店を週1回ほど手伝っていただけです。普通であれば泣き寝入りしてもおかしくないところを、堂々と自分の主張を貫き、これから入社しようとする会社を相手に裁判まで起こして、自分の正当性を認めさせました。この度胸のよさやブレない芯の強さは、まさに新世代の女子アナ像を予感させるものでしたね」(芸能評論家・小松立志氏)

 さらに笹崎アナ側は、入社後に干されるなどの待遇面での不利がないように、

「他の女子アナと同じような待遇を保障する」

 という条項を、日テレ側に認めさせているのだから大したものである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!