芸能

本人は恥ずかしくないの!?福山雅治、月9ドラマの失笑演出に視聴者が即時撤退

20160413fukuyama

 福山雅治主演のフジテレビ月9ドラマ「ラヴソング」が11日にスタートし、視聴率は10.6%と13年に主演した「ガリレオ」の半分にも満たない結果に。視聴者からは早くもドラマの演出にイチャモンがついているという。

 福山は同ドラマの放送1時間前に放送されたバラエティ番組「痛快TV スカッとジャパン」の人気企画「“イケメン神対応”3連発」の短編ドラマにも出演。文句なしのイケメン対応を見せつけた。そこまではバラエティらしくよかったのだが、ドラマの中でも『身長もベスト! 顔もベスト! マジヤバイ! 大人の色っぽさが出てた』と、福山の容姿についてヒロインの同僚である女性社員たちが盛り上がるシーンをはじめ、ニヤける女性、ザワつく居酒屋の女性客、猛アプローチするニューハーフなど、女性たちの絶賛シーンがこれでもかというくらいに散りばめられていたのだ。

 それに対して一部の視聴者からは「ふつうにイケメンなのは認めるが、さすがに失笑した。これは過剰演出だろ!」「最近人気が落ちてるからって、福山を持ち上げすぎでは?」「毎回、このノリが続くのは勘弁してほしい」「途中で観るのやめた」という声が上がっており、ウンザリした人も多かったようだ。

「昨年9月に吹石一恵と結婚したことが女性人気に急ブレーキをかけた福山。『週刊女性』が毎年恒例で発表している『抱かれたくない男ランキング』の最新版が同年11月に発表されていますが、福山は初めてベスト10入り(7位)を果たしています。そんな福山の復権のために、福山=イケメンだと世間に再認知させたいのでしょうね。しかし初回からここまでやられると、真剣なドラマなのか福山ヨイショ企画なのかさっぱりわからない。福山本人も恥ずかしくないのでしょうか(笑)。フラットな気持ちで観ていた我々でも苦笑いでしたから、さらなるファン離れが予想できますし、このまま視聴率も低空飛行の可能性が高いのでは」(エンタメ誌ライター)

 4日にリニューアルされた夕方のニュース番組「みんなのニュース」でも日替わりでイケメン俳優を起用するなど、執拗なイケメン攻めに転じているフジテレビ。果たして、このやり方が吉と出るか、凶と出るか?

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!