芸能

狙うは二匹目のドジョウか?押切もえが又吉に続いて文学賞にロックオン!

20160424oshikiri

 モデルの押切もえによる2冊目の小説「永遠とは違う一日」が、山本周五郎賞の候補作品にノミネートされた。5月16日の選考会で受賞を果たせば、芥川賞を受賞した又吉直樹に続いて芸能界からは2年連続での快挙となる。そんな押切の筆力はどう評価されているのか、出版社の編集者はこう語る。

「読書家で知られる押切ですが、1作目の小説『浅き夢見し』は凡庸な構成でしたし、長編を書ききる力はまだ身についていないようです。太宰治が好きだそうですが、その太宰も短編作家の側面が強いですし、押切自身も長編志向ではないように思えます」

 その評価にたがわず、今回の小説も連作短編集の形を取っている。長編が苦手なら短編が得意とは必ずしもならないが、本作については押切の長所が活かされているという声もあるようだ。前出の編集者が続ける。

「モデルとしての経験は彼女ならではの強み。一線級で活躍した期間も長く、エッセイやコラム向きのエピソードはかなり溜め込んでいるはずです。16万部突破のエッセイ集『モデル失格』でも、モデル業界の裏側が分かって面白いという読者が多かったようです。又吉が『火花』でお笑い業界を描いていたように、芸能人作家はやはり本業をテーマにするのが得策なのかもしれません」

 そんな押切にはぜひ、次回作では野球選手の彼女だからこそ書けるテーマを期待したいものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】