芸能

オカルト有名人が大増殖しているゾ(3)押切もえは結婚前にパワースポット巡り

 それにしてもなぜ、有名人にはオカルト好きが多いのか。かつて心霊特番を数多く手がけた放送作家によれば、

「やはり芸能界は先が見通せない水物の世界。そこで神頼みではないですが、オカルトにハマッてしまうケースは多い。なぜか芸能人には霊感が強い人が多いので、オカルト現象が身の回りで起きるケースも多いとか。例えば森公美子(61)は身内に霊能力者がいて、自身も過去に何十回と霊を見た経験があるそうです。友人が亡くなって霊になった時にはお茶を出してあげた、という逸話もあるほどのスピリチュアリスト」

 また、現在は参議院議員の須藤元気(42)は、総合格闘技の選手時代から自己啓発やスピリチュアルに傾倒していることを公言。

「アメリカのスピリチュアリストのダリル・アンカがチャネルする意識『バシャール』との対談本を出すほど。『オーラの泉』に出た時には『守護霊に手紙を出すと3日後に返事が来る』とも発言していた。直接手紙が来るわけではなく、間接的に悩みごとなどの解決法を示唆するイメージや言葉を目にしたりするんだとか‥‥。今はかなりセーブしているみたいですが」

 パワースポットにハマる有名人も続出。かつてロンドンブーツ1号2号の田村淳(46)と安室奈美恵(43)が訪れたアリゾナの聖地・セドナ詣でをする者も、あとを絶たない。放送作家が明かす。

「有名だったのは、楽天の涌井秀章と結婚して一児の母となった押切もえ(40)。結婚前は、かなり頻繁にパワースポット巡りをしていた。セドナにも仕事を含め数回滞在。中でも『スエットロッジ』と言われる母親の胎内での体験を再現する『胎内儀式』で、押切本人が『人生観が変わった』と語ったほど。タレントの千秋(49)もセドナにインスパイアされるなど、傾倒する有名人は多い」

 オカルトの好き嫌いは人それぞれ。くれぐれも仕事に悪影響を及ぼさないことを祈るばかりだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】