芸能

2016年春場所「輝く!有名人スキャンダル大賞!」(4)逮捕された時の一番ヤバイ顔こそが清原なんだよな

20160505_12bb4th

 俺ね、豪ちゃんが大賞獲ってもいいんだけど、どうしても、野村貴仁が気になる。「野村」という名前を直接言わない遊びが俺ら2人の間ではやってね。「オーソン・ウェルズ」だとかさ、「猿田彦」だとかさ。

 「足尾銅山」とか。

 もはや、田中正造も言わない。

 そう、足尾銅山だけだからね。

 「あの、高知の足尾銅山がさ」って(笑)。意味不明の暗号だよ。最初に見た時は「フォースの覚醒」のルーク・スカイウォーカーかと思ったし。

 ビジュアルもよければその後の行動も全部いいですもんね。あのパンチ&キック動画見ました?

 見た見た、最高。

 どうしたら、あんな玉手箱開けたみたいな顔になるのか、不思議でよ。

 ところが、ヒゲ剃っちゃうし。

 もったいねえんだよ、あれ。もうちょっと伸ばしておいてほしかった。いや~、やっぱり清原だよな。ここで何年にもわたって話してきたじゃない。

 捕まる、捕まると言われてきた人がようやく捕まりました、というだけの話ですけど(笑)。

 捕まって、運ばれてる時がいちばんヤバイ顔になってるんじゃない。要するに打ったばっかりで、キョロキョロして、大汗かいてるっていう。あれが清原なんだよな。

 あれが清原(笑)。

 本来の清原かもよ。

 巨人時代からやってたって、相当だよね。

 週刊ポストの10年前のインタビューが再録されてるけど、野村は全部しゃべってる。10年前から球界の人は知ってたはずだよ。

 清原の復帰プラン、ラーメン屋を開店というのがあってさ。

 何が入ってるかわかんないじゃないですか(笑)。

 やたら白い粉入れたりするんじゃないかって。化学調味料なのかどうなのか。

 何かピリッとするなって。名前は「ケミカルラーメン」って(笑)。

 たぶん、店名は「男道」とか付くんだよ。味付けはコッテリ系。トンコツも割らねえと絵にならないから、復活ドキュメントとしてはね。驚かせた逮捕劇と言えば、キンコメの高橋だな。逮捕自体は年末だけど。

 盗んだ制服が600着。もはや「高橋名人」だよな。

 掟ポルシェの高校時代のあだ名が「ロリコン高橋」なんですよ。“高橋”のロリコン率、高いんですよね。

 あだ名がロリコン高橋って(笑)。なかなかいない。

 キンコメ高橋、高橋ジョージ、そして掟ポルシェ。日本三大ロリコン高橋ですよ。

 80年代の半ばまではロリコンはネガティブじゃなかった。昔の雑誌は平気で〈これからはロリコンがブーム〉って記事あったし。

 今、ロリコンなんて言われたら、生きていけないよ。すごいな、掟ポルシェ。

 キンコメの高橋さん、ももクロが大好きなんですけど、「僕みたいな汚れた人間が会うのはよくない」って、接点を作らないようにしてたんですよ。ロケ地とかの聖地巡礼をするのが好きで。そこまではいいんですよ。でも聖地巡礼して、その場の空気をビニールに入れて持って帰るという癖が(笑)。それが家宅捜索で制服の入ったビニール袋が大量に出てきた今回の事件とつながってくる。

 かなり空気、入れ替わってるだろうよ(笑)。空気集めにとどめておけば何の問題もなかったのにね。

 空気を吸ってる分には無罪。女子便所の前の空気とか(笑)。

 そろそろ大賞を選びますか。野村も捨てがたいけど、今回は豪ちゃんかな? こうなってくると、俺ら2人も過去に大賞獲ってるから(※)、宇多さん、プレッシャーだよね。

 僕は難しいと思いますけどね。積極的にしくじっていくとすれば、たけしさんの映画を遡ってディスるというのも。

 そうすると俺んとこに電話来るから。「お前、宇多丸知ってんだろ!」って。

 間違えて桂歌丸師匠を脅しちゃうとか。

 「宇多丸、この野郎!」(笑)。サンプラザさんとか小峠さんが被害に。なかなか本丸にたどりつかない。まあ、そのぐらいになると光栄ですけどね。

 ありうる、ありうる。

 僕は乙武くんですね。

 じゃあ俺は紫艶。このあとAVやアサ芸の袋とじヌードとかに出そうだし。

 いいなあ、みんな担当部署があって(笑)。

 東スポ映画大賞みたいに、当事者集めて表彰したら? スキャンダル大賞も。

 誰もここには来ないですよ!

 メリット、ね~(笑)。

 個人的にはショーンKだけど、でも、やっぱり大賞は豪さんだ。

 豪ちゃんおめでとう! まあ、締めの言葉としては「ありがとう文春!」ってことかな。

※2013年上半期、橋下徹前大阪市長の「小銭稼ぎのコメンテーターとは違う」発言に激怒し「たかじんNOマネー」を途中降板したことで博士が受賞。同年下半期、泥酔して西村賢太氏と新宿文壇バーで大乱闘して玉袋も受賞。

<座談会参加者>

:宇多丸 :吉田豪 :水道橋博士 :玉袋筋太郎

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
5
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか