芸能

BABYMETAL批判で炎上のピーター・バラカンは筋金入りのヘビメタ嫌いだった!

20160429babymetal

 世界を席巻するメタルダンスユニット「BABYMETAL」を巡って、ラジオDJ・ピーター・バラカンの発言が炎上している。事の発端は4月25日放送の「モーニングCROSS」(TOKYO MX)にて、BABYMETALの活躍に関して「世も末だと思っています」と発言したことだ。

 番組終了後には「あんなまがい物によって日本が評価されるなら本当に世も末だと思います」とあらためてツイート。それらの発言がBABYMETALファンの怒りに火をつけ、ネット上では壮大なバラカンバッシングが展開されている。音楽ライターが言う。

「そもそもバラカンは筋金入りのヘビメタ嫌いで有名です。1980年代にMCを務めていた音楽番組の『ザ・ポッパーズMTV』(TBS系)では、『僕はヘビーメタルが大嫌いなので番組の中ではかけさせません』と断言していたほど。さらに言えば、アイドル的な要素もお嫌いなようで、同番組でデュラン・デュランのPVを流すのが嫌だったと告白しています」

 音楽評論家の立場ゆえ、自分の志向をベースに「好きではない」と語るのは問題ないだろう。だが「まがい物」や「世も末」という評価はさすがに行き過ぎではないか。そんな評価に関して、前出の音楽ライターはこのように説明する。

「自分の基準を絶対化するゆえの強い言葉なんでしょうね。たとえばレッド・ツェッペリンに対しても『リズムがバン、バン、バンってそればっかり』と嫌悪感を露わにしていますが、これは音楽的に見れば明らかに的外れ。ただ彼は、自分の大好きな60年代のブルースを大胆にアレンジしたツェッペリンを嫌っており、その意識が発言に表れているのです。その流れで言えば、そもそもアイドル的な要素を否定しているのですから、彼にとってBABYMETALは評価以前の存在なのかもしれません」

 どうやらBABYMETALファンがいくら反論を積み重ねたところで、バラカンは聞く耳を持たなさそうだ。

 いずれにしてもBABYMETALが欧米で受け入れられている事実の前には、彼の発言は何の影響力も持たなさそうだが‥‥。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”