芸能

オリラジ中田が「文春」に手紙を送ったベッキーを猛批判したワケとは?

20160429becky

 4月27日発売の「週刊文春」で、芸能活動を休止中のタレント・ベッキーが編集部に宛てた直筆の手紙が掲載された。内容は「ゲスの極み乙女。」川谷絵音との不貞関係を認めたうえで、「気持ちはもうない」「奥さんに謝罪したい」というものだ。

「所属事務所の社長自ら『文春』に手紙を届けた事からもわかるように、何とか騒動を鎮静化させ、早期復帰の道筋をたてたいという思いが伝わってきます。文面は弁護士を交え、スタッフが練りに練ったものでしょうね。ですが、この報道を受けても、ネットではベッキーを批判する声は収まっていませんし、『オリエンタルラジオ』の中田敦彦は、出演する『白熱ライブ ビビット』(TBS系)で『あざとく感じる』と批判しています」(週刊誌記者)

 番組では、MCの国分太一がベッキーをフォローし、真矢ミキも「私たち、何も被害被ってないし、そこまで‥‥」と言いかけたが、それでも中田の主張は止まらなかった。なぜそこまでベッキーを批判するのか。芸能関係者が語る。

「中田は『同じ仕事人として尊敬していたから、対応についてガッカリしたという話です。こっちに被害があったかどうかの話じゃない』と理由を説明しました。では、何を尊敬していたかというと、イメージ戦略についてです。ベッキーは特別売りがない中、計算された『好感度』というものだけで超がつく売れっ子になりました。『素の彼女がどうかは関係なく、芸能人としてそれは凄いことだ』と、中田は高く評価していたんです。それが今回、崩れ去り、事後処理もお粗末なもの。それで落胆し、怒っているんです」

 以前はよく炎上する妻の福田萌に「ベッキーを見習おう」と話していたという中田。不貞騒動で、今では反面教師となってしまったようだ。

(長谷部葵)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
2
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
5
太川陽介、新「バス旅」で冴え渡った独壇場“乗り継ぎテク”