芸能

吉田羊 ジャニーズとのスキャンダル発覚で女帝を激怒させてもメゲないしたたか素顔

20160526j

 今年4月に年下のジャニーズタレントとの「7連泊愛」が報じられた吉田羊(年齢非公表)。スキャンダル発覚から約1カ月、ようやく公の場に姿を見せた。復帰の過程でキャッチされた“したたか素顔”とは?

 出演ドラマ「コウノドリ」(TBS系)での功績が認められ、「第24回橋田賞」の新人賞に輝いた吉田羊。5月10日の授賞式では、報道陣の前で久しぶりに笑顔を見せた。だが式典が終わると、表情を硬くして逃げるように会場をあとにした。

「報道陣から熱愛報道に関する質問が飛んでも終始無言。吉田さんはフランクな性格なので、あの騒動もネタにしてくれると思ったのですが‥‥。あそこまでノーリアクションに徹した吉田さんを見たのは初めてです」(芸能レポーター)

 神経質になるのも無理はない。お相手は人気グループ「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔(22)。ジャニーズで「女帝」と呼ばれるメリー喜多川副社長の寵愛を受け、7月スタートの連続ドラマ「HOPE」(フジテレビ系)で初主演を務める期待のホープだ。

「ジャニーズ事務所は今回の作品を中島の勝負ドラマと位置づけて、1年以上前から準備を進めてきた。シナリオやキャスティングなどの面で、細かい部分にまで口を出して、ブレイクさせる計画を練っていたそうです」(ドラマ関係者)

 そのやさきに、年上女優と逢瀬を楽しむ姿が「週刊ポスト」(4月22日号)にスッパ抜かれたのだから、メリー副社長が激怒するのは当然かもしれない。事務所に呼び出された中島は、

「あなた、今が大事な時期なのわかってる?」

 と、幹部社員からキツく説教されて吉田と別れることを決意したという。

 一方の吉田も、仕事の上で大きなダメージを受けた。

「天下のジャニーズを怒らせた吉田さんに、ドラマから声がかかることは当面ないでしょう」

 と語るのは大手芸能プロ幹部。続けて、テレビ業界の不文律について明かす。

「ジャニーズから直接“共演NG”のお達しがあるわけではありませんが、どの局も気を遣いますよ。それにジャニーズタレントとの交際が発覚すると、女性視聴者からソッポを向かれる傾向が強い。スポンサーの意向で仕事を干される可能性は十分に考えられます」

 それでもメゲない吉田は、熱愛報道後にマネージャーを伴って各テレビ局を訪問。ドラマの制作スタッフを見つけては、深々と頭を下げて回ったという。こうした謝罪行脚の裏で、なじみのスタッフたちと談笑する吉田の姿が民放キー局で目撃されている。

「黒のズボン姿でメイクは控えめ。見た目は自粛モードでしたが、表情は明るく、余裕たっぷりに見えました」(ドラマスタッフ)

 旧知の面々に囲まれて上機嫌の吉田は、

「恋愛はもうこりごり、フフフ」

 とリップサービス。恋愛を封印して仕事に打ち込む決意をのぞかせたという。

「吉田さんは下積み時代に、生活面で所属事務所に面倒を見てもらっていた。中島との件でミソをつけたが、『もっと稼いで恩返ししたい』という気持ちが強いはず」(前出・芸能プロ幹部)

 若いツバメとの「連泊愛」で肉食素顔を露呈した吉田だが、しばらくは“羊”の皮をかぶるしかなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
バックから抱きしめられてアヘ顔!石田ゆり子の抱擁ショットが艶すぎるッ