芸能

舌入れや胸タッチは当たり前!松井玲奈の「幕末純情伝」出演にファンが悶絶

20160521matsui

 沖田総司は女性だった! 坂本龍馬と禁断の熱い恋を繰り広げる舞台「新・幕末純情伝」の制作発表会が5月18日に開催。沖田役を務める松井玲奈は同舞台でおなじみのラブシーンについて「意気込んでもしょうがないですからね」とコメントした。そんな「幕末純情伝」でのラブシーン列伝について、芸能ライターが語る。

「2012年に桐谷美玲が見せたラブシーンは圧巻でした。185センチと大柄な神尾佑を相手に胸を鷲掴みにされるような体勢で抱き合い、熱いキスでは間違いなく舌が入っていましたね。2003年の広末涼子は筧利夫を相手に口こそ開いていなかったものの、唇はしっかりと重ねていました。対照的に期待外れだったのが2008年の石原さとみ。何しろ相手役が元宝塚の真琴つばさですから、ドキドキ感も何もなかったものです」

 果たして今回の松井が挑むラブシーンは、桐谷タイプと広末タイプのどちらになるのか。ここで気になるのが、坂本龍馬役のNON STYLE・石田明だ。艶要素の少なそうな石田だが、実は2012年に結婚した妻帯者でもある。ここで芸能ライターが気になる情報を耳打ちする。

「石田の妻は一回り年下の推定23歳で、24歳の松井とはほぼ同世代。石田にしてみれば、その世代の女性とのキスは慣れっこなわけです。しかも弱弱しい見た目とは裏腹に高校まで9年間野球に打ち込み、卒業後は板前修業をしていたなど男気にあふれるタイプ。舞台上では松井をリードしてのラブシーンを演じてくれそうですね」

 松井ファンにしてみれば3月の配役発表時にはすでに、ラブシーンへの覚悟はできていたはず。だが6月23日からの上演が近づくにつれ、頭のなかには石田と松井が唇を重ねるシーンが鮮烈に浮かんでいるに違いない。それは悪夢なのか、それとも名女優へのステップとして応援できるのか。松井のファンはいま、悶絶のなか忠誠心を試されていることだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣「イメージ崩壊」私生活(2)最長30時間もトイレに行かず寝続けた
2
梅宮辰夫の電話番号を消す和田アキ子に「意味がわからない」大ブーイング!
3
新垣結衣「イメージ崩壊」私生活(1)風呂嫌いにトップス裏返し
4
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
5
吉岡里帆が「亀の頭チラッと見せ」ショットを公開!意味深すぎて男子騒然