芸能

M-1審査員「立川志らくの後任」有力候補に元M-1王者「芸人屈指の理論派」が急浮上

 今年も漫才日本一決定戦「M-1グランプリ」が12月24日に、テレビ朝日系で放送される。12月7日には準決勝が行われ、決勝に進出する9組が発表された。昨年の準優勝「さや香」を筆頭に、実力派コンビが出揃った。

 本番が近づく中、いまだ明らかにされていないのが、審査員を担当する残りの一枠だ。これまで5年間、審査員を務めた立川志らくが勇退し、後任選びが注目されていた。

 世間では過去に審査員を務めた春風亭小朝のほか、爆笑問題の太田光、伊集院光らを有力視する声が出ているが、いずれも可能性は薄いようだ。お笑い関係者が語る。

「小朝は12月14日放送の『ナイツ ザ・ラジオショー』(ニッポン放送)で『もっといっぱい、いい審査員がいる』と、再登板説を否定。出場した芸人の人生を変える責任感から『もう二度とできないと思う』と語りました。太田は自著で『大会の緊迫感をブチ壊してしまう』との理由で、審査員の依頼があっても断ると明言している。伊集院に至っては、過去に『客席審査でよくない?』として『M-1審査員不要論』を唱えています」

 それでは、誰が審査員を引き受けるのか。

「最も現実的なのが、過去に6度も審査員を務めた渡辺正行の復帰でしょう。ただ、安定感は抜群なものの、新鮮味に欠けるのは否めない。講談師の神田伯山も候補のひとりですが、賞レースの審査員向きかどうかは未知数。伯山は志らく以上の『炎上体質』でもあり、大会側が積極的にオファーするとは考えにくい部分もあります」(前出・お笑い関係者)

 そんな中、急浮上しているのが「元M-1王者」だ。お笑い関係者がさらに続ける。

「業界内ではノンスタイルの石田明を推す声が強まっています。彼は2008年大会のチャンピオンという実績もあり、吉本興業の岡本昭彦社長から直談判を受けてNSCの講師を務めるようになった、芸人屈指の理論派です。確かに石田なら、納得感のある審査ができるのではないでしょうか」

 審査員の行方からも目が離せないのだ。

(山倉卓)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す