芸能

吉田羊vs石田ゆり子、「つましょー」“母娘対峙”回に「神回」声が出たワケ!

 俳優・堤真一主演の連ドラ「妻、小学生になる。」(TBS系)が、今のところ視聴率としては振るわないものの、最新のドラマ満足度ランキング(オリコン)で2位に浮上するなど、固定ファンの心をグッとつかんでいる。

 2月18日に放送された第5話では、各方面でその演技を絶賛されている小学生妻・白石万理華(毎田暖乃)の母親・白鳥千嘉役を演じている女優の吉田羊もまた、圧巻のベテランぶりを見せ、〈神回!〉の声まで飛び交った。

 5話の中盤で、堤扮する新島圭介が、“万理華は自分の亡くなった妻・貴恵(石田ゆり子)の生まれ変わりである”という話を白石千嘉(吉田)に思い切ってするのだが…。当初は、“おかしいんじゃない?”“人をバカにするのもいいかげんにして?”などまったく相手にされない…。 芸能ライターが言う。

「千嘉は、シングルマザーとして一人娘の万理華を育てていますが、食事は買ってきたお弁当をひとりでレンチンさせる。休みの日には彼氏と出かけてしまって、娘との約束をドタキャン。運動会にも顔を見せず、気に入らないと娘に手を挙げそうになる…など、一般的に描かれる“良い母親像”とはかけ離れていますが、その演技が、ネット上の視聴者からは、絶賛の嵐なんです」

 具体的には、〈身勝手な母親役ハマってます〉〈吉田羊の演技いいなあ。ただのヒステリー母にしてしまうとうるさくてしんどくなるけど、どこか落ち着いていたり、娘への愛があることを丁寧に表現されてていいバランス〉〈吉田羊さんの演技が、リアルで上手い。怖い。観てて震え上がる。上手すぎて、リアル過ぎて、観ていてつらくなる〉といった声だ。

 劇中の後半でも、そんな千嘉に、娘の万理華が“お母さん、話があるの”と切り出すも、まともに聞かず怒りまくるばかり。しかし万理華は千嘉に、“今までも娘にそんな言葉をぶつけていたの?”“子供が黙って聞いているからって、何も感じてない訳じゃないのよ”と切実に訴える…。

「その後、話の途中で、貴恵(石田)が現れ“お母さんにはひとりで泣いてほしくない”“私はお母さんの味方だから”という演出に切り替わるのですが、千嘉(吉田)は、今目の前にいるのは自分の娘ではない…という気持ちがおぼろげながらも芽生えてくる。この流れには《号泣もの!》という声もありました」(前出・芸能ライター)

 まるで聖母のような神々しさを魅せる石田の登場シーンがもっと増えることを願ってやまないが、物語の展開上、なかなかそうはならないであろうことが少々残念である。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
2
てんちむ、“秘部から液体吹き”についても明かした「ハンパない動画」過激度!
3
「水着姿でヨガポーズも披露」内田恭子の「Dバスト」がフジ時代以上になっている!
4
「関係を持った女性芸能人は…」M-1芸人の衝撃告白に「スゲェ!」驚愕
5
ついに決定!タレント2人はクビか否か「バス旅Z」をめぐる大予想の結果は…