芸能

有働由美子「夜ニュース卒業後」に芸能人化が急加速

 3月末に「news zero」(日本テレビ系)を卒業したフリーアナウンサーの有働由美子(55)が、公私共に絶好調だというのだが‥‥。

 GW最中の5月1日、石田ゆり子(54)のインスタグラムに登場したのが有働。石田の自宅を訪れ、愛犬とたわむれる姿が公開されたのだ。

「NHK時代からニュースだけでなく、スポーツやエンタメ路線にも強く人脈も豊富なことで知られていましたから、石田の自宅を訪問するのも、特に驚くことではありません。ただ、これまで有働さんは、どちらかと言えば、ニュースキャスター、ジャーナリスト的な硬派なイメージながら、エンタメ系もこなすというスタンスの方でした。芸能人とのプライベートをSNSなどで公開するとは、ちょっと新鮮。タレント化してきたなと感じましたね」

 そう話すのは、テレビ関係者だ。

 4月13日からは「with MUSIC」(日テレ系)のMCに就任した。

「音楽番組なので、打ち合わせをする相手も芸能関係者が多く、会食の機会も増えたせいか、以前よりもファッションが派手めになった」(制作スタッフ)

 別のテレビ関係者も、最近の有働について、「本当にやりたいことが見つかったのでは」と推し量る。

「元々彼女は、ジャンルを問わないオールラウンダーで、それが最強の武器でもある。今は自由に活動する時間が増えたことで、これまでやりたかったことをやっているだけだと思う」

「with MUSIC」では、自分の会いたいアーティストを選んで、みずから交渉するほど意欲的だとか。

「今、彼女が出演に向けて注力しているのが中森明菜(58)です。昔から明菜の大ファンで、NHK時代から会えば挨拶する関係でした。音楽番組を担当するにあたり、明菜を出演させたいと切望するのは当然でしょう」(日テレ関係者)

 実際、明菜は、59歳の誕生日を迎える7月13日に合わせ、ファンクラブ会員へ向けたイベントを開催する予定だ。

「7月には、同番組で特番が予定されており、そのタイミングに明菜を、と局内でも期待感が高まっています。さらに言えば、夏の最大のイベント『24時間テレビ』に明菜を出演させられないかという話が出ているんです。つまり、明菜の出演の有無は有働さんの動き方次第、とも言えるでしょう」(前出・日テレ関係者)

 夜の看板は下ろしても、今や音楽番組の先兵として頼られる存在になっているのだ。

 その一方で、一部では、「一取材者として、ジャーナリストとして活動したいと言ってたよね?」と、有働の仕事ぶりを疑問視する声も上がっているという。

「我が世の春のような時期に感じているのでしょうが、どうしても周りからは好き放題に映ってしまう。人柄がいいので、それほどバッシングされることはないでしょうが、あまり目立ちすぎると‥‥」(日テレ関係者)

「理想の上司」では女性部門6位と頼れる〝有働アネゴ〟だが、一周回って嫌われ女子に認定されないことを願うばかりだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し