スポーツ

中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し

 一時は首位に立ったと大騒ぎだった中日ドラゴンズが、いつの間にやら「定位置」に落ち着いていた――。そしてそこへ、さらなる火ダネが発生している。

 5月14日からの阪神戦を、1勝2敗で負け越し。続く17日からのDeNA戦も1勝2敗で黒星を優先させ、最下位に沈んでいる中日。16日の阪神戦では、根尾昴が6回に本拠地初登板したが、4番に抜擢された原口文仁にいきなり、左翼席への3ランを食らってしまった。ファンからは「もう投手は無理だろ」と落胆の声が続出。起用法をめぐる議論が活発になっている。

 そこへ火に油を注ぐかのごとき苦言をブチ込んだのが、中日OBの谷沢健一氏だ。現役時代に17年間、主軸打者として活躍した名球会打者は、Xで根尾を論評した。

〈根尾君には期待したが、投手には向いてませんね。野手投げなのでタイミングが合ってしまうんですよ。スカウティングばかりしている監督では指導する暇もない。慶應義塾との分かれ道だった。今更そんな事言っても…遠回りするかも知れないが外野手ならば強肩と俊敏さは一流。打撃は私が教えるよ」

「慶應義塾との分かれ道」というのは、根尾はかつて中学から慶應高校から慶應大学医学部に進学する道を本気で考えていたことを指すものと思われる。そして投手としての能力に見切りをつけ、打者転向を促した谷沢氏。と同時に立浪和義監督をも批判し、自らコーチを買って出たのだ。

 スポーツライターが語る。

「これは根尾を勧誘した大阪桐蔭の西谷浩一監督への批判ともとれますし、プロ入り後に『ショート一本でやりたい』という根尾に投手転向を勧めた立浪監督への苦言ともとれる。もともと根尾の素質は折り紙付きですが、中日ではそれを的確に指導できる首脳陣がいなかったということ。中日では打者と投手どちらも芽が出ていないのですから、このまま放っておくより、トレードが最も現実的かもしれません」

 同期の広島・小園海斗は根尾と同じ小柄な体躯ながら、今季はチームの4番に座る大活躍。立派な主軸に成長している。根尾が育成には定評のある広島に移籍したら、大化けする可能性があるかもしれない。

 女性トラブルで正念場を迎えている中村奨成あたりは、いい交換相手になると思うのだが…。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し