政治

田母神俊雄が「民間防衛大臣」に激辛提言(2)

主張する防衛大臣たれ!

 田母神氏が続ける。
「世界的に見ても、軍事の専門家がトップに就任するなど当たり前です。ところが日本の防衛大臣は、数ある大臣の椅子の中でも“閑職”とされてきました。政治が国の守りを軽視してきたからです。自民党時代もそうでしたが、民主党も“誰でもいい”との視点で選んでいたからこそ、田中(直紀)さんや一川(保夫)さんのような素人大臣が誕生したのです。今後、自衛官出身者にも防衛大臣への道が開けるでしょう」
 実際、民主党政権誕生以来、歴代の防衛大臣は、問題人物が次々と就任。自身の素人ぶりを逆手に取り「これが本当のシビリアンコントロール」という迷言を吐いた元祖素人大臣・一川保夫議員に続き、ド素人の田中直紀前防衛大臣に至っては、珍エピソードを連発。「就任直後に、国連平和維持活動の武器使用基準緩和について質問され、武器輸出三原則の見直しと混同したのを皮切りに、北朝鮮のミサイル問題では、迎撃ミサイルPAC3を海上自衛隊の対潜哨戒機P3Cと間違えた。またF35(FX=次期主力戦闘機問題)について『買えない場合はどうする』と質疑され『困る』と‥‥。幼稚園児並みの答弁しかできなかった」(政治部記者)
 だが、今回の森本氏の防衛大臣就任に懸念材料がないとは言えない。田母神氏は、森本大臣の「対米追従型」のスタンスは日本の国益にとってプラスにならないと一刀両断にする。
「私が何度も言っているとおり、アメリカ国家戦略の基本は『日本を軍事的に自立させず、経済植民地化を図ること』であり、アメリカの言いなりになればなるほど損をします。私は大国アメリカとケンカしろと言っているわけではない。それはバカなことだ。良好な日米関係の維持に努力することは当然であるが、日米の国益は対立することがほとんどだから、主張すべきは主張しなければ日本を守ることはできない。日本の国益を守るという意味で頑張れるかどうか。外務大臣と防衛大臣は、揺るぎなき国家に対する自信を持っていなければならず、その点で森本さんは、基本的にTPP賛成派で核武装反対派でもあります。アメリカに従属して生きる道を選択したほうがいい、と思っている方かもしれません。また、集団的自衛権は行使できるようにすべき、と言っていた森本さんが、大臣就任のとたん、集団的自衛権の解釈は変えないそうで、このあたり、違和感を感じます」

カテゴリー: 政治   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
2
千眼美子が最新映画で“萌えコスプレ”を披露!似合いすぎと大絶賛
3
主婦は猛反発!?石田ゆり子“食料買い占め”苦言は「仕事に支障」ギリギリの線か
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
スジ見えた?岡副麻希「めざまし」卒業日も見せてくれた美ヒップ体操の爪痕