事件

現役アイドルが明かす「女子大生アイドル刺傷事件の闇」(4)「アイドルもどき」の危険な営業活動も…

20160609a4th

 現在は小劇場などでフリーの舞台女優をするユミさん(19)=仮名=も、声を震わせながら戦慄の体験を明かしてくれた。

「居酒屋でバイトをしながら芸能活動を続けています。疲れて帰って玄関でバタンキューと気を失って、目が覚めたら部屋の中で男の人がタンスの中を探っていました。私の体に被害はなかったのですが、今考えても身がすくむ思いです」

 まさに危機一髪である。

 しかし、こうした暴走ファンでも、いったん失えば、人気商売のアイドルにとっては死活問題だ。それだけに、その心境を逆手に取って積極的にファンと交流するアイドルも少なくない。フリーアイドル・優月心菜さんは言う。

「ブログでバッグや時計などをオネダリしたり、中には『Amazon』の『ほしい物リスト』を公開し、バイト感覚でアイドルをしているケースもあります」

 心菜さんは続けて──、

「実際にファンから同じ品物を複数貢がせると、1つを残して質屋に売り払う。それで生計を立てている『キャバドル』もいるくらいです。また、オフ会と称して、温泉旅行やバーベキューを開催する『接触アイドル』、さらにはブログなどで個撮(個人撮影会)の相手を募集し、1対1で会う『出会いドル』もいます」

 ここまでくればキャバ嬢の店外デートか出会い系と同レベルだろう。グラドル・吉沢さりぃさんが補足する。

「個撮は半日から1日の拘束で、5万~10万円程度のギャラで応じているアイドルがいるようです。こうした撮影はもちろん、屋外ではなく室内で行われます」

 もはやアイドルとは名ばかりの「アイドルもどき」と言うべきか。常軌を逸した過熱ファンを生む背景には、「アイドル」「アイドルもどき」のこうした「危ない営業活動」も影響しているのかもしれない。

 とはいえ、フリーの舞台女優・ユミさんは、こう告白するのだ。

「私が出演する舞台にはチケットノルマがあるので、1枚2枚といわず、まとめて買ってくれる太いヒイキさんが現れたら、誘いに乗ってしまうかもしれない」

 事件後、岩埼容疑者は3年前にも別のアイドルのブログに「殺す」と書き込み、警察から呼び出しを受けていたことが明らかになっている。アイドルライター・村山義典氏があらためて事件を検証する。

「冨田さんが時計を容疑者に返したことで、容疑者を逆上させてしまったのかもしれない。本来は相手にせずに放っておくのが最善の策だった。少なくとも、事務所の大人が対応していれば、最悪の事態は防げたかもしれません」

 凶行から1週間を過ぎても、冨田さんは意識不明の状態が続いている。アイドルとファンの近すぎる距離ゆえの「接客攻防」が、これ以上、凄惨な事件を誘発しないことを祈るばかりだ。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
3
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
4
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
5
こんなの見せていいの?菜々緒の食い込みヒップショットが艶すぎる!