事件

現役アイドルが明かす「女子大生アイドル刺傷事件の闇」(4)「アイドルもどき」の危険な営業活動も…

20160609a4th

 現在は小劇場などでフリーの舞台女優をするユミさん(19)=仮名=も、声を震わせながら戦慄の体験を明かしてくれた。

「居酒屋でバイトをしながら芸能活動を続けています。疲れて帰って玄関でバタンキューと気を失って、目が覚めたら部屋の中で男の人がタンスの中を探っていました。私の体に被害はなかったのですが、今考えても身がすくむ思いです」

 まさに危機一髪である。

 しかし、こうした暴走ファンでも、いったん失えば、人気商売のアイドルにとっては死活問題だ。それだけに、その心境を逆手に取って積極的にファンと交流するアイドルも少なくない。フリーアイドル・優月心菜さんは言う。

「ブログでバッグや時計などをオネダリしたり、中には『Amazon』の『ほしい物リスト』を公開し、バイト感覚でアイドルをしているケースもあります」

 心菜さんは続けて──、

「実際にファンから同じ品物を複数貢がせると、1つを残して質屋に売り払う。それで生計を立てている『キャバドル』もいるくらいです。また、オフ会と称して、温泉旅行やバーベキューを開催する『接触アイドル』、さらにはブログなどで個撮(個人撮影会)の相手を募集し、1対1で会う『出会いドル』もいます」

 ここまでくればキャバ嬢の店外デートか出会い系と同レベルだろう。グラドル・吉沢さりぃさんが補足する。

「個撮は半日から1日の拘束で、5万~10万円程度のギャラで応じているアイドルがいるようです。こうした撮影はもちろん、屋外ではなく室内で行われます」

 もはやアイドルとは名ばかりの「アイドルもどき」と言うべきか。常軌を逸した過熱ファンを生む背景には、「アイドル」「アイドルもどき」のこうした「危ない営業活動」も影響しているのかもしれない。

 とはいえ、フリーの舞台女優・ユミさんは、こう告白するのだ。

「私が出演する舞台にはチケットノルマがあるので、1枚2枚といわず、まとめて買ってくれる太いヒイキさんが現れたら、誘いに乗ってしまうかもしれない」

 事件後、岩埼容疑者は3年前にも別のアイドルのブログに「殺す」と書き込み、警察から呼び出しを受けていたことが明らかになっている。アイドルライター・村山義典氏があらためて事件を検証する。

「冨田さんが時計を容疑者に返したことで、容疑者を逆上させてしまったのかもしれない。本来は相手にせずに放っておくのが最善の策だった。少なくとも、事務所の大人が対応していれば、最悪の事態は防げたかもしれません」

 凶行から1週間を過ぎても、冨田さんは意識不明の状態が続いている。アイドルとファンの近すぎる距離ゆえの「接客攻防」が、これ以上、凄惨な事件を誘発しないことを祈るばかりだ。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
「もうママとは生きていけない」ヒロミがブチ切れた松本伊代との「離婚危機」
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
飯豊まりえと熱愛発覚で浮上した高橋一生の「すぐ破局する変人趣味」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手