芸能

「閉店ガラガラ」も継承!ますだおかだ岡田の娘・結実に業界が注目する理由

20160610okada

 ポテンシャルの高さはパパ以上とも言われる、ある2世タレントの人気が急上昇中している。お笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右の娘で、タレントとして活動中の現役高校生の岡田結実だ。

 結実は1歳の時に子役モデルとしてデビュー。その後、教育バラエティ番組「天才てれびくん」(NHK教育テレビ)にテレビ戦士として出演。今年に入り、大手芸能事務所のオスカープロモーションに移籍したことで、「行列のできる法律相談所」「踊る!さんま御殿!!」(どちらも日本テレビ系)などのバラエティ番組に出演するなど、ここ最近テレビ出演が急激に増えている。

 とはいえ、渡辺裕太に高畑裕太、先月にはグルメリポーターの石塚英彦の娘・石塚くるみが芸能界デビューするなど、2世タレント枠は完全に飽和状態。“結実の活躍が見られるのも事務所のゴリ押しが通用する短期間だけ”という嫌味の声も聞こえてくる。しかし、彼女に限っては、親の七光、事務所のゴリ押しだけとは思えないほどのお茶の間人気を獲得しているというのだ。

「結実は14年にローティーン向けのファッション雑誌『ピチレモン』(現在は休刊)のオーディションで約1万人の中からグランプリに選ばれているほどルックスも高レベル。そのため、テレビ出演が増えるたびに『岡田の娘がカワイイ』とネット上でも話題となりました。顔は完全にパパ似ですが、父親自身も顔のパーツは整っていますから、娘が美人に成長するのは当然の結果だったかもしれません」(エンタメ誌記者)

 とはいえ、可愛さだけで生き残れるほど芸能界は甘くない。ところが、結実はキャラにもパンチがあると評価されている。

「5月31日放送の『さんま御殿』(日本テレビ系)では、父の持ちネタ『閉店ガラガラ』でトークのラストを締めました。ネタの途中で冷めた空気も流れましたが、最後までやり切るプロ根性に周囲も根負けしてか、最終的には笑いをかっさらっていきました。つまらないことも押し通して最後に笑いに変える、そんなDNAも父親譲り(笑)。実は岡田家は父だけでなく、母も元お笑い芸人ということもあって、その場は絶対に自分が盛り上げるというプロとしての使命感を持っているのではないでしょうか」(前出・エンタメ誌記者)

 すでに一部では、父よりも面白いとの評判さえある。さすがにそれは甘めの評価だろうが、親バカとは違う父娘の絆も感じられ、出ているだけで番組が明るくなるという声があるなど、お茶の間の好感度が高いのは事実。そんな高評価とともに結実が2世タレントとして、現時点でライバルを引き離しているのは間違いない!

(田村元希)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
2
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明
3
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
4
テレ朝・斎藤ちはるは“ギャップ”が凄い/女子アナ「艶金メダル争い」中継(終)
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”