芸能

不貞騒動、ゲス極・川谷は逃げてファンキー加藤は会見したのには理由があった!

20160611kato

 6月8日の「とくダネ!」(フジテレビ系)で、笠井信輔アナウンサーが「ゲスの極み乙女。」川谷絵音とファンキー加藤の二人について言及した。

 笠井アナは「公的にはいまだ何も発言されていらっしゃらない」と川谷を皮肉ったのに対して、加藤については「なるべく誰も傷つけないようにしようという冷静な会見だった」とコメント。世間の最大公約数とも言える感想を代弁する形となった。

 そんな二人の違いはどこから生まれたのか。音楽ライターは所属事務所が大きな要素だと指摘する。

「加藤が所属するドリーミュージックは音楽レーベルとしては新興企業ですが、2001年の創立時には加山雄三が移籍してくるなど、芸能界との関わりは意外に長いのです。世良公則や森山良子などテレビや映画で活躍する所属アーティストも多いですし、加藤が在籍していたFUNKY MONKEY BABYSでは地元の八王子市や京王電鉄とのコラボなども行うなど、音楽以外の分野でのマネージメントも経験豊富。これがバランス感覚の良さを生んでいるように思えますね」

 それに対して川谷の「ゲスの極み乙女。」は、音楽専門チャンネル「スペースシャワーネットワーク」のマネージネント部門に所属。同社の株主には大手商社やテレビ局が名を連ねており、随分としっかりした事務所のように思えるのだが。

「同社がマネージメントを手掛け始めたのは2012年とごく最近で、しかも最初のアーティストは川谷にとってもう一つのバンドである『indigo la End』。つまり川谷をキッカケにスタートしたようなものですから、何としてでも彼を守ろうという発想になるのかもしれません。業務面でもアーティストのマネージメントに特化しており、いわゆる芸能界的な動き方には不慣れのはずです」(前出・音楽ライター)

 レーベルも流通もマネージメントも手掛けるのがスペースシャワーの強み。だが所属アーティストの不貞行為という想定外の一件は、手に余る出来事だったのかもしれない。

(金田麻友)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
すみれがスカート奥見せ!太川&蛭子も暴走「旅バラ」再放送の注目ポイント
2
のん“一日署長”姿がすっかり下ネタ扱い…「完全復帰」が実現しない残念現象
3
フジ渡邊渚、「柔らかそう!」絶賛の“Gバスト”爆揺れダンス生披露
4
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
5
河北麻友子、ペアルック写真公開もネット民「違和感とツッコミ」の声のワケ!