社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「睡眠中で気づかないいびきと歯ぎしり。家族の助けで無呼吸症候群の確認を!」

20160616m

「うるさくて寝てられないと、カミサンが別の部屋で寝るようになっちゃいました」など、不眠を訴える患者さんが増えています。

 特に多いのが、「ギシギシ」と鈍い音を出す「歯ぎしり」と「ガーガー」と息をする「いびき」で、いずれも健康に悪く、また隣で寝ている人の安眠を妨害します。

 では、いびきと歯ぎしりはどちらが健康に悪いでしょう。

 歯ぎしりは、かみ合わせの悪さから顎関節症の原因となります。

 顎関節症とは寝ている間に歯ぎしりをしたり、奥歯をかみしめている人に見られる症状で、歯ぎしりが激しくなると「かむと痛い」歯根膜炎や、歯がしみたり歯周病などが原因でかみ合わせが悪くなると、虫歯や歯周病が悪化します。

 それだけではありません。顎周辺の関節や筋肉が痛くなります。悪化すると、顎が外れやすくなったり、偏頭痛などを引き起こしたりします。

 歯ぎしりの治療法にはマウスピースや矯正などがあります。あるいはお酒を減らしたり、枕の高さを変えるなど睡眠環境を整える方法もあります。

 初期のうちは「眠りの質をよくする」ことを心がけるといいでしょう。

 また日頃から食いしばりが多い人もなりやすく、相撲やラグビーなども含め、スポーツ選手にとっては職業病と言えます。

 歯ぎしりの原因はストレスや歯並びの悪さなど、さまざま言われますが、医学的に解明されてない面もあります。ただ一つ言えるのは、悪い夢を見ていたり眠りが浅いなどの要因から、寝ている間に緊張や興奮をしているわけです。本来、リラックスして体を休ませるための睡眠が、精神的に妨げられているとも言えます。

 睡眠障害である歯ぎしりと異なり、いびきは呼吸障害です。

 鼻から肺のどこかが狭くなっており、息の通りが悪くなって起こります。熟睡ができないため翌日も疲れが残り、昼間に居眠りを引き起こします。

 悪化すると睡眠時無呼吸症候群となりますが、これがいびきの怖さです。

 家族は「いびきが止まった」とホッとしますが、いびきだけではなく呼吸も止まっているのです。

 家族にいびきをかく人がいる場合、何秒ぐらい止まっているか計ってみてください。5秒程度なら大丈夫ですが、10秒や20秒となると明らかな病気です。一人暮らしの場合は、寝ている姿を録音したり、ビデオを撮るとわかるでしょう。格幅のいい人がなりやすい、とも言われており、ドリフターズの高木ブーさんなども長年悩まされていたそうです。

 いびきが怖いのは、睡眠時無呼吸症候群が悪化することで心臓が悪くなり、結果として心不全を起こしやすくなることです。

 また、昼間の居眠りにより交通事故を起こしやすくなります。運転を職業とする人にとっては、軽度でも命に関わる症状です。

 こちらもマウスピースを使ったり、鼻にマスクを装着して空気を送り込んだり(CPAP療法)、扁桃肥大の場合は手術も可能です。いずれにせよ治療をすれば治りますので、放っておかず医者に診てもらってください。

 歯ぎしりは顎関節症や頭痛、肩凝りで済みますが、いびきは命に関わります。つまり、体に悪いのはいびきのほうですが、いずれにせよ、本来、眠りとは体をリラックスさせるもので、歯ぎしりもいびきも眠りの目的を阻害しているのは明らかです。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
松本人志は許すのか?「ガキ使」霜降りせいやの七変化に批判殺到のワケ