芸能

テレビ誌が廃刊レベルのミス!欅坂46特集で9人の顔写真を間違えファン激怒

20160623keyakizaka

 7月には初主演ドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」(テレビ東京系)がスタートすることも決定、飛ぶ鳥を落とす勢いで急進している欅坂46によもやの厳しい現実が突きつけられた!

 6月15日に発売されたテレビ雑誌「TVブロス」では同ドラマの放送に先がけ、「欅坂46ブロス版供述調書BOOK」という全8ページの大ボリュームで特集を組み、同グループをクローズアップ。それぞれのメンバーのプロフィールとともにドラマでの役どころや意気込みを紹介したのだが、なんと、9名ものメンバーのプロフィールと顔写真の組み合わせが間違っていたのだ。

 同誌編集部は同日中に公式サイトで誤りがあったことを謝罪したが、さすがにこれほど豪快な間違いは滅多にないため、ファンはこの話題でもちきりに。ネット上では「これだけ酷い誤植は初めて見た」「編集部、ちゃんと仕事しろ!」「廃刊になっても文句言えないレベル」「欅ちゃんたちが可哀想だ。絶対に許さない」などといった、怒りの書き込みが連打された。

 また、編集部のミスを責める一方で「現実的に見たら、欅坂がまだまだってことだな…もっと頑張って、見返して!」と、欅坂の知名度不足を素直に痛感、ちょっと厳しめにエールを送るファンもいる。

「デビュー曲『サイレントマジョリティー』は、ユーチューブでの再生回数が1700万回を超える大ヒットを記録。これは乃木坂46の楽曲で一番再生回数が多い代表曲『制服のマネキン』を上回っています。一部の欅坂ファンは『欅坂の時代が来た』と浮かれているようですが、やはり世間的に知名度はまだまだですね。また、こういった間違いが起きる要因の一つには、中学3年生の最年少センター平手友梨奈を全面的に猛プッシュしていることが大きい。平手はパフォーマンス中に表情を作るのも上手く、存在感も抜群ですが、いかんせん平手のインパクトが強すぎて、音楽番組で欅坂に興味を持った人もほとんどが平手しか見ていないというのが現状。デビューからまだ2カ月ですから、普通ならお茶の間にこれから浸透させようという段階。ところが扱いはトップアイドルグループですから、そのあたりのギャップが悪い形で出たと思います」(アイドル誌ライター)

 今回の「TVブロス」の誤植はあきらかに欅坂に関心がない編集者が担当したのだろうが、メンバーにはぜひとも見返す活躍をお願いしたいところだ。

(田村元希)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
4
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
5
有吉弘行、あの土屋敏男氏が明かした猿岩石“想像もつかない起用秘話”とは?