政治

続々出現!「新都知事候補」をエグリ込み身体検査!(2)女性に目がない舛添元東京都知事

20160630p

 タレント性を見込まれた舛添氏は週刊誌で対談ホストを務めた。古参の政治ジャーナリストが述懐する。

「対談相手は、女優、歌手、アイドルなど美女ばかり。相手は編集者がアレンジしたが、舛添氏からも肉感的な女性のリクエストがあった。決まると、相手の女性の好みなどを事細かくチェック。いかに自分をよく見せるか、ということに執着していた。実際、出演したアイドルの一人は、舛添氏から『ひと月20万でどう?』と口説かれたことを明らかにしています。このアイドルからは、安く見られたものと一蹴されました」

 ドケチぶりはこの時点から変わらなかったようだ。

「自宅にハーフタレントを招き入れ、相手がキッチンで料理しているところを後ろから羽交い締めにして押し倒した。あわやのところで女性が抵抗したため、未遂で終わったそうです」(前出・政治ジャーナリスト)

 柔道黒帯で隠れた肉体派の舛添氏だけに、まさに危機一髪だった。

「私生活では2人の愛人との間に3人の子供を作り、“政界の種馬”と呼ばれています。実は、この2人の愛人、現在の夫人ともこの時期に出会っている。舛添氏最大のモテキだった」(ベテラン記者)

 “政治”を食い物にした舛添氏の悪の芽を、この時期に摘んでおくべきだったことは間違いない。

「折しも7月10日に参院選も控えているタイミング。7月31日の後任都知事選が急きょ入り、政界は大混乱となっています。当然、舛添氏とは正反対となる『金銭にクリーン』『初の女性都知事』『タレントではなく実務経験者』が求められる流れにある」(政治部記者)

 自民党からは小池百合子元防衛相(63)、石原伸晃経済再生担当相(59)、丸川珠代環境相(45)。民進党からは長妻昭代表代行(56)、長島昭久都連幹事長(54)などの出馬が取りざたされている。注目されていた民進党・蓮舫代表代行(48)は出馬しない意向を先日明らかにした。

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
保坂尚希、故・西城秀樹への“無邪気発言”で「生放送に向いてない」大批判!
2
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
3
日テレアナも号泣! 長渕剛、“TOKIOのための熱唱”に感動する人々が続出
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
中村アン、主演ドラマ「ラブリラン」で“違和感&棒演技”も好感度上昇の理由