芸能

あの歌唱力で二刀流?前田敦子の1stアルバム大爆死に「自惚れすぎだろ!」

20160629maeda

 元AKB48の前田敦子が、ソロデビュー5周年を記念して発売した1stアルバム「Selfish」をリリースしたが、初日売り上げの時点から大苦戦が報告されている。

 6月21日付のオリコンデイリーアルバムランキングで同アルバムは初登場7位にランクイン。かつて、AKBのエースを張っていた前田としてはかなり期待外れな結果に終わってしまった。

「同日発売のKis-My-Ft2のニューアルバム『I SCREAM』が約11.9万枚を売り上げ1位となりましたが、ジャニーズで勢いのあるキスマイに負けるのはともかく、4位にはアイドルグループ9nineのベストアルバムが入っています。AKBを卒業した前田といえども、国民的アイドルグループの元センターが格下の9nineに初動で完敗してしまったのには驚きです」(エンタメ誌記者)

 その後も数日、デイリーランキングで7~9位をうろちょろしている前田のソロアルバムだが、この結果を知ったネット民たちは、「前田レベルでもAKBを出たら、真っ先に応援する価値はないってこと」「女優気取りだったのに、歌手としても成功したいのか?」「あの歌唱力で二刀流は自惚れすぎだろ!」など、ヒットしないのは当たり前といったムードが充満している。

「確かに二刀流で成功するポテンシャルではありませんね。ソロとしての歌唱力は決して高くはなく、過去に生放送歌番組に出演した際には放送事故レベルの扱いでした。6月22日に最終回を迎えた前田主演の連ドラ『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系)では濃厚なキスシーンなど艶シーンにも体当たりで挑んだことが評価されていただけに、女優に専念したほうが人気が数値化されないぶん、無難な気がしますが‥‥」(前出・エンタメ誌記者)

 二兎を追う者なんとやらにならなければいいが。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
保坂尚希、故・西城秀樹への“無邪気発言”で「生放送に向いてない」大批判!
2
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
3
日テレアナも号泣! 長渕剛、“TOKIOのための熱唱”に感動する人々が続出
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
中村アン、主演ドラマ「ラブリラン」で“違和感&棒演技”も好感度上昇の理由