政治

田中角栄 日本が酔いしれた親分力(11)強引にもぎ取った「勝機」!

20160714r2nd

 72年(昭和47年)1月5日午後3時、佐藤総理をはじめとする日米首脳会談に出席するメンバーは、雨の中、羽田空港を日航特別機で出発した。

 田中系、それに福田系の1、2年生議員らに記者団を含めた30人近くが乗りこんだ。政治記者は福田派が4人、田中派が8人と、数の上で田中派が圧倒していた。ここからも、田中の意気込みがわかる。

 田中は、今回の日米首脳会談のニクソン大統領の狙いを読んでいた。前年の10月に日米繊維交渉に関して一応の解決を見た現在、次期選挙で自分のポイントを稼ぐためにカリフォルニア州での印象をよくしておこう、というものである。

 そんな状況を前提にして、田中は飛行機の中で作戦を立てていった。

〈いまニクソン大統領を救い、恩を売っておけば、自分に対するニクソンの心証もよくなる。ライバル福田との力関係も決定的になり、さらには佐藤さんの力を弱めることもできる〉

 田中は、外務大臣でもなければ、本来なら今回の会談へついていく筋でもない。だが、この機会は田中の未来を変える重要なものになることを理解していた。

〈アメリカ側は、次期大統領候補のコナリー財務長官が来る。アメリカの次期大統領ともコネを持っておこう〉

 また今回の同行には、アメリカ側に「次期総理は俺だよ」ということを、暗に主張する目的もあった。

 そのため、田中は自分のそばに、地元の新聞「ロサンゼルス・タイムズ」の東京駐在員サム・ジェームソン記者をピタリとくっつけていた。今まで外国人記者が随行する例はなく、田中は万全の態勢でサンクレメンテ会談に臨んだ。

 1月7日、ニクソン大統領は、佐藤総理との会談場から出ると、無蓋のゴルフカートを自ら運転し、正午からの昼食会の開かれるプールサイドに向かった。

 ニクソン大統領は上機嫌で、佐藤を隣の席に乗せた。会談場から飛び出し、その光景を見た田中はとっさに判断した。

〈乗り遅れてなるものか〉

 田中はゴルフカートに飛び乗った。後部の日米通訳官が腰かけるシートに割りこむように席を占めた。

 ニクソン大統領は、昼食会場に到着すると田中の肩を叩き、抱きかかえんばかりにしてテーブルに案内した。

 ニクソン大統領を囲んで、右に佐藤総理、左に田中が座って談笑を始めた。

 遅れて到着した佐藤文生代議士は、片言の英語で話しあう田中の背中越しに、テーブルのネームプレートを確認した。

 田中の座っている第1テーブルに座るメンバーは、前もって決められている。アメリカ側はニクソン大統領、ロジャーズ国務長官、キッシンジャー特別補佐官。そして日本側は、佐藤総理、福田外務大臣、牛場信彦駐米大使、佐藤文生である。

 田中は第1テーブルでなく、第3テーブルでスタンズ商務長官、ケネディ特使らと同席することになっていた。これは、明らかな割り込みである。

 案の定、田中の座っている席には「BUNSEI SATOH」というネームプレートがあった。驚いた佐藤文生は、3人の会話の隙を見つけ、田中の袖をおそるおそる引いた。

「大臣、お席が‥‥」

 ところが、興奮で赤くなっている顔をふりむけた田中は、佐藤文生を睨みつけるようにして言った。

「わかっている! わかってるよ。これでいいんだ。いいんだ。一生恩に着る。これでいいんだ」

 佐藤文生は、とっさに察した。

〈今、日本の次期総理大臣の椅子を巡っての大政治ドラマが繰り広げられているのだ〉

 少し遅れて入ってきた福田は、驚愕した。田中が、ニクソン大統領の隣で談笑しているではないか。福田は、今一度眼を凝らして田中の姿を確認した。見まちがいではない。

〈一体何が起こったのか〉

 田中は、口をへの字に結び、三白眼を宙にさまよわせた福田を尻目にニクソン大統領に、「次の総理は私です」と言わんばかりに己を売り込み続けた。

 田中は翌日、宿泊先のリゾートホテルのロビーで、「ニューヨーク・タイムズ」に眼を通しながらほくそ笑んだ。日米会談を伝える記事が一面トップを飾っている。そこには、ホワイトハウス提供の昼食会の写真が大きく載っていて、談笑する佐藤総理、ニクソン大統領、田中の3人の顔しかなかった。ライバルである福田の顔はなかった‥‥。

作家:大下英治

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ