政治

田中角栄 日本が酔いしれた親分力(11)強引にもぎ取った「勝機」!

20160714r2nd

 72年(昭和47年)1月5日午後3時、佐藤総理をはじめとする日米首脳会談に出席するメンバーは、雨の中、羽田空港を日航特別機で出発した。

 田中系、それに福田系の1、2年生議員らに記者団を含めた30人近くが乗りこんだ。政治記者は福田派が4人、田中派が8人と、数の上で田中派が圧倒していた。ここからも、田中の意気込みがわかる。

 田中は、今回の日米首脳会談のニクソン大統領の狙いを読んでいた。前年の10月に日米繊維交渉に関して一応の解決を見た現在、次期選挙で自分のポイントを稼ぐためにカリフォルニア州での印象をよくしておこう、というものである。

 そんな状況を前提にして、田中は飛行機の中で作戦を立てていった。

〈いまニクソン大統領を救い、恩を売っておけば、自分に対するニクソンの心証もよくなる。ライバル福田との力関係も決定的になり、さらには佐藤さんの力を弱めることもできる〉

 田中は、外務大臣でもなければ、本来なら今回の会談へついていく筋でもない。だが、この機会は田中の未来を変える重要なものになることを理解していた。

〈アメリカ側は、次期大統領候補のコナリー財務長官が来る。アメリカの次期大統領ともコネを持っておこう〉

 また今回の同行には、アメリカ側に「次期総理は俺だよ」ということを、暗に主張する目的もあった。

 そのため、田中は自分のそばに、地元の新聞「ロサンゼルス・タイムズ」の東京駐在員サム・ジェームソン記者をピタリとくっつけていた。今まで外国人記者が随行する例はなく、田中は万全の態勢でサンクレメンテ会談に臨んだ。

 1月7日、ニクソン大統領は、佐藤総理との会談場から出ると、無蓋のゴルフカートを自ら運転し、正午からの昼食会の開かれるプールサイドに向かった。

 ニクソン大統領は上機嫌で、佐藤を隣の席に乗せた。会談場から飛び出し、その光景を見た田中はとっさに判断した。

〈乗り遅れてなるものか〉

 田中はゴルフカートに飛び乗った。後部の日米通訳官が腰かけるシートに割りこむように席を占めた。

 ニクソン大統領は、昼食会場に到着すると田中の肩を叩き、抱きかかえんばかりにしてテーブルに案内した。

 ニクソン大統領を囲んで、右に佐藤総理、左に田中が座って談笑を始めた。

 遅れて到着した佐藤文生代議士は、片言の英語で話しあう田中の背中越しに、テーブルのネームプレートを確認した。

 田中の座っている第1テーブルに座るメンバーは、前もって決められている。アメリカ側はニクソン大統領、ロジャーズ国務長官、キッシンジャー特別補佐官。そして日本側は、佐藤総理、福田外務大臣、牛場信彦駐米大使、佐藤文生である。

 田中は第1テーブルでなく、第3テーブルでスタンズ商務長官、ケネディ特使らと同席することになっていた。これは、明らかな割り込みである。

 案の定、田中の座っている席には「BUNSEI SATOH」というネームプレートがあった。驚いた佐藤文生は、3人の会話の隙を見つけ、田中の袖をおそるおそる引いた。

「大臣、お席が‥‥」

 ところが、興奮で赤くなっている顔をふりむけた田中は、佐藤文生を睨みつけるようにして言った。

「わかっている! わかってるよ。これでいいんだ。いいんだ。一生恩に着る。これでいいんだ」

 佐藤文生は、とっさに察した。

〈今、日本の次期総理大臣の椅子を巡っての大政治ドラマが繰り広げられているのだ〉

 少し遅れて入ってきた福田は、驚愕した。田中が、ニクソン大統領の隣で談笑しているではないか。福田は、今一度眼を凝らして田中の姿を確認した。見まちがいではない。

〈一体何が起こったのか〉

 田中は、口をへの字に結び、三白眼を宙にさまよわせた福田を尻目にニクソン大統領に、「次の総理は私です」と言わんばかりに己を売り込み続けた。

 田中は翌日、宿泊先のリゾートホテルのロビーで、「ニューヨーク・タイムズ」に眼を通しながらほくそ笑んだ。日米会談を伝える記事が一面トップを飾っている。そこには、ホワイトハウス提供の昼食会の写真が大きく載っていて、談笑する佐藤総理、ニクソン大統領、田中の3人の顔しかなかった。ライバルである福田の顔はなかった‥‥。

作家:大下英治

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大きさに戸惑う声も!藤田ニコル、「背泳ぎプカプカ」バスト動画が艶すぎるッ
2
「まき餌ですよ」小島瑠璃子の熱愛報道への大久保佳代子の分析に同意者続出!
3
三谷紬がかける“渓谷全出し”の大勝負/女子アナバスト勢力図(終)テレ朝
4
ギリギリすぎた?小嶋陽菜、「バストの奥見えすぎ事故」にヒカキンが紳士的対応!
5
板野友美、「よつんばい小ぶりヒップ全開」動画は“新たな相手”探しのアピール!?