芸能

俺たちをトリコにしたオール「特撮ヒロイン」(6)「萩原佐代子・特撮界きっての鬼監督に罵倒され、ついに!」

20160714l

 80年にカネボウのキャンギャルで注目され、その後、3本もの特撮作品でそれぞれに人気を博す。萩原佐代子(53)は、当時と変わらぬ奇跡の若々しさで思い出を語った。

「カネボウのオーディションを受けたことが、その後、次々と特撮ヒロインに結びつくなんて思ってもみませんでした」

 甲斐バンドの「ビューティフル・エネルギー」がCMソングだった80年のカネボウサマーレディが萩原の出発点だ。オーディション時は16歳で、テレビでも中継されていた。

「それを円谷プロの方が観ていらして、元気そうな子だと印象に残ったそうなんです。それで石田えりさんが途中降板した『ウルトラマン80』(80~81年、TBS系)の代役に決まりました」

 萩原の役は、記憶喪失で樹海をさまよっていた星涼子で、実はウルトラの星の王女・ユリアンの化身であった。

「1回だけ『80』がピンチの時にユリアンに変身して助ける場面もありました。まだ右も左もわからない頃でしたけど、このドラマとともに高校を卒業できたのはいい思い出です」

 その2年後、やはりオーディション映像を目にした東映スタッフの推薦により「科学戦隊ダイナマン」(83~84年、テレビ朝日系)でダイナピンクこと立花レイの役に。撮影に備えてJACに入門し、トランポリンや体の回転のやり方などを学んだ。

 そして、撮影が始まると“事件”が起こった。

「私に『よお佐代子、久しぶり』って声をかける人がいるんです。それが『80』でも一緒だった東條昭平監督でした‥‥」

 東條は特撮界きっての鬼監督として知られ、「80」では主演の長谷川初範や石田えりに対しても容赦なかった。もちろん、新人の萩原も同様である。

「私、親にも言われたことないのに、ずっと『バカ!』って罵倒されたんですよ。ついに『私、バカじゃありません!』って言い返しました。スタッフに“初めて東條監督に口答えしたピンク”と呼ばれ、逆に監督を含めてかわいがっていただくことになりました」

 さらに「超新星フラッシュマン」(86~87年、テレビ朝日系)でレー・ネフェル役を演じ、ここでも東條監督との縁は続く。

 当時の萩原は、抜群の肢体をヌード写真集で披露し、話題になった。

「それから雑誌でもヌードの依頼が殺到して、本来の仕事が追いつかない。このままでは‥‥と思って、見切りをつけました」

 引退後に結婚し、3児の母となったが、後に離婚。42歳で再婚した相手は、何と「ダイナマン」時代のダイナイエローを演じた時田優だった。

「お互い、当時は嫌いだったんですよ。彼は私のことを『モデルが腰かけで特撮をやっている』と思っていたみたいだし。それが39歳で再会して、結婚に向かうとは思ってもみませんでした。ただ、周りには『どうしてレッドじゃなくてイエロー?』と珍しがられましたが(笑)」

 06年には芸能界に復帰し、同時に結婚相談所のカウンセラーも務めている。特撮があって今の自分があると、若々しい肌をほころばせた。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
4
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ
5
きゃりーぱみゅぱみゅ、ファンも騒然「顔変化」に飛び交う憶測