政治

小池百合子・鳥越俊太郎・増田寛也 「ポスト舛添」の向こうズネ!(1)保守分裂の行く先は?

20160728s1st

 ネズミのごときセコイ金銭問題で舛添要一前都知事(67)が辞任して1カ月。候補者の出そろいは告示直前までずれ込んだが、有力候補たちはいずれも叩けばホコリが出まくる有名人ばかり。ここは我々が向こうズネを突こうではないか!

 混戦模様の都知事選で、いの一番に先制パンチを繰り出したのが元防衛相の小池百合子氏(64)だ。政治部デスクが手腕を評する。

「浮動票の多い首都決戦では後出し候補が絶対有利と言われる中、他候補に先んじて出馬を明言。舛添問題では第三者委員会の設置で徹底追及を公約に掲げ、都議会に対しては冒頭解散までチラつかせて宣戦布告した。新聞・ワイドショーは連日べったり小池氏に張りつき、みごとにメディアジャックを成功させました」

 7月10日の参院選開票直後には党本部にみずからの推薦取り下げ願いを提出、自民党本部とも全面対決の姿勢を貫いた。

「これまで、自民党での小泉純一郎元総理(74)をはじめ、次々と大物をパトロンとする“ジジ殺し”で政界をのし上がった“政界の渡り鳥”のテクニックはさすが。現安倍政権では冷や飯を食っていたから出馬を決意した背景はあるが、自民党支持者の一部からも不退転の心意気は潔し、と支持は根強い」(自民党関係者)

 その小泉氏は、7月5日の会見で、「いい勝負カンをしている。前は『女は愛嬌、男は度胸』と言ったが、今は女も度胸がある」と、退路を絶った小池氏の決断力をほめたたえている。

「議会、党への対決姿勢はかつて抵抗勢力と対峙した小泉劇場を連想させる。出馬に際しては、“師弟を超えた関係”と寵愛された小泉氏からお墨付きを得ており、さすがに小泉氏が街頭演説に立つまではできないだろうが、応援エールを贈るなど後方支援を仕掛ける公算は高い」(前出・政治部デスク)

 その一方、自民・公明から推薦を勝ち取ったのが、元総務相で岩手県知事を務めた増田寛也氏(64)である。

「そもそも党本部では民進党が蓮舫氏(48)を出してくるものと想定し、強力な対抗馬として、総務省事務次官でアイドルグループ・嵐の櫻井パパとして知名度の高い桜井俊氏(62)の説得に動いたが、調整できませんでした。しかし、蓮舫氏が不出馬となるや、手堅い人材に切り替え、実務経験があり金銭問題がない増田氏に白羽の矢を立てた」(前出・政治部デスク)

 自民党は最終的に小池氏の出馬を翻意させられず、増田氏は保守分裂のまま告示3日前に出馬を表明。

「とはいえ、この2人の対決シミュレーションをしたところ、知名度では負けても組織票を持つ増田氏は小池氏にダブルスコアで圧勝する結果になった」(前出・自民関係者)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」