芸能

「三谷幸喜がパクった」あの歌舞伎役者が大河ドラマ「真田丸」をブッタ斬り!?

20160724sanadamaru

 物語も中盤に差しかかったNHK大河ドラマ「真田丸」。放送開始2話目で20.1%の高視聴率を叩き出したが、それ以降は上がったり下がったりを繰り返して徐々に下降し、現在は16%~18%の間を行ったり来たりとなっている。

 そんな「真田丸」がある人物から「パクリ」だと指摘された。

「歌舞伎役者の中村勘九郎が、7月20日に行われた舞台と映画で公開される堤幸彦監督の『真田十勇士』の記者会見に出演した時のことです。『三谷(幸喜)さんが真田をパクってくれた。真田イヤーと呼ばれていますが、全然こっちのほうが先なのになあ』と語ったのです」(イベント関係者)

 その言葉の意味はこうだ。

「勘九郎は14年に日本テレビ開局60周年特別舞台として公演された『真田十勇士』に猿飛佐助役で出演しています。この時、演出を手がけたのも堤氏でしたが、当時はまだ“真田ブーム”にはなっておらず、その後、三谷ドラマとして『真田丸』が話題になったことにじくじたる思いがあったのでしょう」(スポーツ紙デスク)

 ストーリーをパクったわけではないので、勘九郎の“パクリ発言”もブラックユーモアのつもりだったのだろう。しかし、NHK大河ドラマは、過去に洒落にならないパクリ騒動を起こしている。

「03年に放送された『武蔵MUSASHI』は、歌舞伎役者の市川新之助が主役を演じ話題になった作品ですが、放送1回目の襲撃シーンのロケセットが黒澤明監督の名作『七人の侍』と酷似しており、“盗作”だとして黒澤監督の長男・久雄氏がNHKや脚本家を相手に損害賠償やビデオ化の差し止めを求める訴訟を起こしています。また、10年に放送された『龍馬伝』では書道家の上坂祥元氏が、タイトルロゴが自身の作品と酷似しているとして、NHK相手に損害賠償を求める訴訟を起こしています」(前出・スポーツ紙デスク)

「真田丸」も今回は笑い話で済んだが、視聴率欲しさに“一線を越える”ことがないように気をつけてもらいたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
隙間から見えてる!?島崎遥香、カメラに映っちゃった「美バスト」にファン熱視線
2
石川佳純のバストが急成長中!?大人ボディへの進化に戸惑う声も…
3
「反則すぎだよ」の声も!「特捜9」、伊東四朗のセリフにファン感涙のワケ
4
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
5
乃木坂46、「46時間テレビ」で続出した「艶っぽ突発事態」にファン過剰反応