芸能

「三谷幸喜がパクった」あの歌舞伎役者が大河ドラマ「真田丸」をブッタ斬り!?

20160724sanadamaru

 物語も中盤に差しかかったNHK大河ドラマ「真田丸」。放送開始2話目で20.1%の高視聴率を叩き出したが、それ以降は上がったり下がったりを繰り返して徐々に下降し、現在は16%~18%の間を行ったり来たりとなっている。

 そんな「真田丸」がある人物から「パクリ」だと指摘された。

「歌舞伎役者の中村勘九郎が、7月20日に行われた舞台と映画で公開される堤幸彦監督の『真田十勇士』の記者会見に出演した時のことです。『三谷(幸喜)さんが真田をパクってくれた。真田イヤーと呼ばれていますが、全然こっちのほうが先なのになあ』と語ったのです」(イベント関係者)

 その言葉の意味はこうだ。

「勘九郎は14年に日本テレビ開局60周年特別舞台として公演された『真田十勇士』に猿飛佐助役で出演しています。この時、演出を手がけたのも堤氏でしたが、当時はまだ“真田ブーム”にはなっておらず、その後、三谷ドラマとして『真田丸』が話題になったことにじくじたる思いがあったのでしょう」(スポーツ紙デスク)

 ストーリーをパクったわけではないので、勘九郎の“パクリ発言”もブラックユーモアのつもりだったのだろう。しかし、NHK大河ドラマは、過去に洒落にならないパクリ騒動を起こしている。

「03年に放送された『武蔵MUSASHI』は、歌舞伎役者の市川新之助が主役を演じ話題になった作品ですが、放送1回目の襲撃シーンのロケセットが黒澤明監督の名作『七人の侍』と酷似しており、“盗作”だとして黒澤監督の長男・久雄氏がNHKや脚本家を相手に損害賠償やビデオ化の差し止めを求める訴訟を起こしています。また、10年に放送された『龍馬伝』では書道家の上坂祥元氏が、タイトルロゴが自身の作品と酷似しているとして、NHK相手に損害賠償を求める訴訟を起こしています」(前出・スポーツ紙デスク)

「真田丸」も今回は笑い話で済んだが、視聴率欲しさに“一線を越える”ことがないように気をつけてもらいたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!