芸能

「三谷幸喜がパクった」あの歌舞伎役者が大河ドラマ「真田丸」をブッタ斬り!?

20160724sanadamaru

 物語も中盤に差しかかったNHK大河ドラマ「真田丸」。放送開始2話目で20.1%の高視聴率を叩き出したが、それ以降は上がったり下がったりを繰り返して徐々に下降し、現在は16%~18%の間を行ったり来たりとなっている。

 そんな「真田丸」がある人物から「パクリ」だと指摘された。

「歌舞伎役者の中村勘九郎が、7月20日に行われた舞台と映画で公開される堤幸彦監督の『真田十勇士』の記者会見に出演した時のことです。『三谷(幸喜)さんが真田をパクってくれた。真田イヤーと呼ばれていますが、全然こっちのほうが先なのになあ』と語ったのです」(イベント関係者)

 その言葉の意味はこうだ。

「勘九郎は14年に日本テレビ開局60周年特別舞台として公演された『真田十勇士』に猿飛佐助役で出演しています。この時、演出を手がけたのも堤氏でしたが、当時はまだ“真田ブーム”にはなっておらず、その後、三谷ドラマとして『真田丸』が話題になったことにじくじたる思いがあったのでしょう」(スポーツ紙デスク)

 ストーリーをパクったわけではないので、勘九郎の“パクリ発言”もブラックユーモアのつもりだったのだろう。しかし、NHK大河ドラマは、過去に洒落にならないパクリ騒動を起こしている。

「03年に放送された『武蔵MUSASHI』は、歌舞伎役者の市川新之助が主役を演じ話題になった作品ですが、放送1回目の襲撃シーンのロケセットが黒澤明監督の名作『七人の侍』と酷似しており、“盗作”だとして黒澤監督の長男・久雄氏がNHKや脚本家を相手に損害賠償やビデオ化の差し止めを求める訴訟を起こしています。また、10年に放送された『龍馬伝』では書道家の上坂祥元氏が、タイトルロゴが自身の作品と酷似しているとして、NHK相手に損害賠償を求める訴訟を起こしています」(前出・スポーツ紙デスク)

「真田丸」も今回は笑い話で済んだが、視聴率欲しさに“一線を越える”ことがないように気をつけてもらいたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!